Road to ダンスの日

Funny Do Dance!今だからこそ、ダンスの力で世の中に元気を!5月23日に開催されるダンスの日の舞台裏に完全密着。今や学校教育の一環にもなっているダンスの魅力を余すことなく総力取材。世界的なダンサーたちと県内ダンサーのコラボレーションに注目!

バックナンバー

2021/06/05 放送

Road to ダンスの日

内容

やまぎん県民ホールのオープニング事業として5月23日に山形市の『やまぎん県民ホール』行われた『ストリートダンスの日』。
日本のダンス界をけん引するトップダンサー4人と、県内のダンサーたちが競演するまさに、夢の舞台。
ステージには、10団体およそ270人があがり、ダンス愛を爆発させました。

司会を務めた渡部アナもダンスの日をもりあげるべく『モンテCHEER』のみなさんと一緒にダンス!
1か月にわたる練習の成果を発揮し、ダンスの楽しさをステージ上で体いっぱい感じていました。

そして、今回のステージが最後のイベント出演となったのは『天童高校ダンス部』の3年生。
昨年9月から作り全国大会部門準優勝を獲得したナンバーを披露してくれました。

また、1年半前から始まったオーディションによって選ばれた4人のトップダンサーによるナンバーも、この日限りの特別ステージということで大盛り上がり。
ダンサーたちの魂と魂のぶつかり合い、一流の世界観に圧倒されました。

ダンスは体を動かすだけでなく、心まで動かしてくれるもの。コロナ禍だからこそ、ダンスの持つパワーで会場にいる皆さんが笑顔に、前向きな気持ちになっている姿が印象的でした。

一年半を経て、やっとエピローグを迎えた初開催の『ストリートダンスの日』。
この日が新しい夢の始まり…さらなる幸せの予感をはらんでいるようでした。