アナウンサーBlog Channel6

Channel6

紳士のスポーツ

投稿日:2019年10月9日  作成者:結城 晃一郎

盛り上がるラグビーワールドカップ。最近は会う人会う人、ラグビーの会話になります。あのプレーは何?あの選手すごいね!少し前では考えられないことです。大会の開催って本当にすごいなー。まさかここまでとは。。。汗

さて、今回はラグビーの精神について。

DEC0300F-8028-444D-89C1-C42C0E95E49D

※Photo by Francois Nel-World Rugby via Getty Images

ラグビーは、コンタクトスポーツ。つまり、激突が前提の競技です。きっとこの激しさに目を奪われた人も多いはず。

この激しさは、あくまでもプレー・オンの時。それ以外はチームの別なく尊敬し合う精神を伝統的に持っています。それが「ノーサイド」の精神。試合が終わればサイド(敵・味方)がないよ、というラグビーの象徴的な言葉です。

しかし、試合中も紳士的なプレーが求められます。激しさゆえに、その中に紳士的精神がなければただ粗暴なだけになる。だからラグビーはルールが厳格です。

E6CE9660-0BC2-44AB-A2B7-8BCF4ADDE00B

※Photo by Warren Little-World Rugby via Getty Images

これは南アフリカとイタリアの試合のワンシーン。イタリアの選手が退場になった場面です。試合中に危険なプレーをしたと判断されれば、容赦なくカードが出されます。イエローカードは「シン・ビン」と言われ、10分間の一時退場。レッドカードは退場となり試合に復帰できなくなります。

こうしたルールがあり、選手たちははじめて激しく挑むことができるのです。

8E7F1D5F-BC10-4974-BAF4-4A5EE2E5CB7B

※Photo by David Ramos-World Rugby via Getty Images

選手通路。国の威信をかけた戦いだからこそ、クリーンという言葉は大切なんですね。

EBFA8F68-5B57-4979-A01D-D6A096A1B78D

※Photo by Warren Little-World Rugby via Getty Images

最後に。ラグビーの代表チームの中には愛称があるのは知っていますか?これは南アフリカのロッカールーム。シンボルマークとともに「スプリングボクス」の文字。これが南アフリカの愛称です。

ニュージーランドの「オールブラックス」 は有名ですよね。そのほか、オーストラリアは「ワラビーズ」、山形にも来てくれたサモアは「マヌ・サモア」。全チームにあるわけではないですが、愛称にも注目すると面白いですよ。

では、日本代表は? 気になったら調べてみてください^_^

D0002577-D8BF-4D71-BF8C-6F18F7A8CBFD

※Photo by Francois Nel-World Rugby via Getty Images

台風が心配ですが・・・引き続きラグビーワールドカップを楽しみましょう!

結城晃一郎

 

黒獅子は、長井です!

投稿日:2019年10月5日  作成者:結城 晃一郎

申し訳ございません。

本日の夕方ニュースの中で、長井の黒獅子を紹介する際、「長井市」ではなく他の市の名前を言ってしまいました・・・。原稿にはしっかり「長井市」と。完全なる僕のミスです。

取材でもお世話になっているので分かってはいたのです。でも言い間違えました。

まつりを盛り上げ、黒獅子を守っているみなさん、本当にすみません!!

そして、言い間違えた市の皆様にもご迷惑をおかけしました。

まつりは地域の誇りであり宝。本当に失礼いたしました。

結城晃一郎

 

隠れたこだわり

投稿日:2019年10月4日  作成者:結城 晃一郎

ラグビーワールドカップ、皆さんは楽しんでいるかい!?連日世界トップレベルの試合が展開され、これまで興味がなかった人たちもラグビーの魅力に気が付いた様子。すばらしい!!

ところで・・・そんなラグビーワルドカップに関連した「隠れたこだわり」にも気が付いているだろうか?

まずは、コレ!!

2C0A6EA9-F252-42B2-A8BA-2C27C34E055A

※Photo-k.yuuki

・・・うしろにあるカレンダーは気にしないでおいてもらって・・・。これはラグビー日本代表のジャージ!

サッカーフリークの弟が「ラグビーめっちゃかっけーじゃん!!」と勢いにまかせて買った一着。で、このジャージにはよーく見ると分かる模様があるのだ。

B2F74E13-8A02-462E-A976-605B92214DE8

※Photo-k.yuuki

胸の桜模様が立体的なのもかっこいい!が、注目はジャージの地の部分。なんと伝統的な「和模様」が隠されていたのだ!桜の戦士たちは、日本の伝統を身に着けて戦っているんですね。

そして・・・

B9F79E2E-0A8E-421E-81FC-A6130698DAE6

※Photo-Team photographer

こちらはアイルランド代表のジャージ。

国際試合の際、ジャージには対戦相手や日付、選手名などが記される。写真をよーく見てみると・・・なんと、アルファベットで刺しゅうされた選手名の下に、さらに「ジョーディー・マーフィー」とカタカナで刺しゅうが!

このこだわりは素敵。ワールドカップ・ジャパンの記念であり、日本への敬意も感じられる。あえて目立たない緑で刺しゅうされているのも実に粋(いき)である!

F4F3733B-5A13-4FAF-B6D2-0DF25C76E347

※Photo-Team photographer

で、こちらはそんなアイルランド代表を迎えたスタジアムのゲート。日本も、選手たちを最高の敬意で迎えているのだ。

さて。明日は日本とサモアの試合だ!!

4141EB16-39A8-47D3-ABD3-19F0EB093FDC

※Photo by World Rugby via Getty Images

試合前のサモアの儀式「シバ・タウ」にも注目。これは勝負に挑む自分たちを鼓舞するとともに、戦う相手への尊敬の意味も込められているそう。対戦相手もまた、彼らの儀式を一列に並んで見届ける。

まだまだ続くラグビーワールドカップ。試合以外のこだわりにも興味を持ちつつ楽しみましょう!!

結城晃一郎

 

Copyright© 2000- , TV-U YAMAGATA INC. All Rights Reserved.☆

Copyright© 2000- 2015, TV-U YAMAGATA INC. All Rights Reserved.☆