KIMONO

投稿日:2019年7月3日  作成者:結城 晃一郎

「KIMONO」をめぐる最近の騒動。みなさんはどう感じましたか?

アメリカの有名人が手掛ける女性用下着ブランドに「KIMONO」と名付けて批判を受けた、あの一件です。

個人的には「KIMONO」と海外の方が検索すると下着がヒットしてきちゃう訳だから、こりゃ失礼なハナシだと思っていました。

ガンガン報道され、案の定、国内外から大きな批判が出ます。結局この下着メーカーはブランド名を変更することになったとさ、と。これで一件落着かというとそうだろうか。

ここからは私見だと前置きをしますが、きっと、これっていわゆる「炎上商法」じゃないですかね。

現に今回のことで某セレブの下着ブランドを世界中の人が認知しました。最初から彼女はKIMONOなんてどうでもよかったように思うのです。そもそもKIMONOへの敬意がないのは言わずもがな、仮に炎上目的に利用しただけだとしたら、それこそ失礼だなぁ、と。(たぶんプランナーとして入れ知恵した人がいるんだろうけど)

なんというか・・・世界の「超」がつく一流のオトナのやることが、三流ユーチューバー化するのは見ていてさみしい限り。

ブランド名や商品の良さをアピールする本来の方向ではなく、世間をざわつかせるという曲がったPRは何とかしなきゃいけないと思いますけど、、、どうでしょうか。

結城晃一郎