もっけだケロ

投稿日:2019年9月10日  作成者:渡部 有

 

9月7日OAのどよまん「けろけろキッチン」は
なべケロのふるさと庄内町!

大友さん家の
“無肥料・無農薬のえだまめ”をご紹介しました。

DSC_1081-0150

味が濃くて、甘さも強くて、でも決してくどくない。
鼻を抜ける香りが心地いいのが特徴です。

一本一本鎌を使って収穫!
ごりごりじゅわせながら…
汗だくだくの体力勝負でした(;・∀・)

DSC_107750

『とにかく美味しいものを作りたい!
そして、おもしろいことに挑戦したい!』

大友さんの楽しみながら農業をされている姿が
とても印象的でした。

これからどんな“おもしろい”を実りに変えていくのか!
大友さんのえだまめづくり!注目です!

DSC_108550

この日一緒だった、
YディレクターケロとYディレクターとケロ味♪

IMG_4717

広ーい空と庄内平野、好きだな~♡

DSC_108750

 

10トライ目にしてなべケロを救ってくれた
たざわさん家のよしきさんケロ、すずちゃんケロ、
みっちゃんケロ!

IMG_4728

作っていただいたのは、
地元でも昔から作られているという伝統料理
“えだまめの茶巾絞りあんかけ”

IMG_4737

みんなで交代しながら、協力しあって仕上げた一品。
愛情たっぷりな味がしましたよ♪
ごちそうさまでした!

 

そして今回は、普段なべケロが
どれだけ突撃取材でご迷惑をおかけしているのかが
よ~くわかりました!笑

これまでなべケロの無茶ぶりに応えてくださった
県内各地、多くの皆さん!!

もう感謝しかありません!!
本当にありがとうございましたm(_ _)m

そんな山形のあったか~い皆さんが
だいすきケロ(⋈◍>◡<◍)。✧♡

DSCPDC_0002_BURST20190829104209811_COVER-0150

らぶ♡

 

 

『ローカル魂 朝日連峰大縦走③』

投稿日:  作成者:小山 瑶

人生初の避難小屋で一夜を過ごし・・・2日目は、朝日連峰の主稜線を行く。距離は8.5キロ。

大朝日岳から見える朝日は今でも目を閉じると浮かんでくるほど。こんなにオレンジの濃い、吸い込まれそうな朝日を見たのは初めてでした、、感動です。

061

068

きもちのいいトレッキング。全身筋肉痛になりながらも歩き続けました。

148

美しい高山植物。歩き続けるのはきついけれど、癒しを与えてくれる植物があるから前へ前へ足を進めることができました。

185

途中でクマのうんちを発見。初めてみました。笑興味津々。朝日連峰はクマがすぐ近くにいるという危険な場所でもあります。

危険との重ね合わせ。それでも私たちは2日目のゴール、狐穴避難小屋に向け歩き続けます。

249

歩くこと10時間。やっとたどり着いた狐穴避難小屋では仲間とひっぱりうどんを。ひとつの鍋をつついてみんなで過ごした時間が何よりもご褒美になりました。

315

319

さあ、縦走最終日。どんな試練が待ち受けているのか。無事たどり着けることができるのか!?私の挑戦はまだまだ続きます。

『ローカル魂 朝日連峰大縦走②』

投稿日:  作成者:小山 瑶

縦走1日目は、日本百名山・大朝日岳を目指します。距離にして11.5キロ。クルーは全部で9人。

015

この日は天候にも恵まれ晴れ。山の天気は変わりやすいので心配ですが・・・。

大朝日岳は急登。山の壁をロープを使って登る体力的にもきびしい距離です。

121

057

山あり谷あり水あり。いたるところで自然本来の姿が現れます。原始の山とはこのことでしょうか。

099

西澤さんと休憩しては山について話し、山について考えるにつれて「なんでこんなことで悩んでいたんだろう」と自分の小ささを身に沁みながら感じました。

142

187

大朝日岳を登り終えても道は続く、歩いても歩いても稜線はどこまでも続く・・・

出発から13時間で大朝日岳山頂避難小屋に到着。

225

登り終えて大朝日岳から見えた夕日。

232

木村さんお手製の熊汁。パワーがみなぎったな~。人生初の熊汁は牛すじのような食感でコクがありました。

スタミナをつけていざ2日目へ。