米沢市営の飛込プールの取材

投稿日:2021年3月26日  作成者:吉川 明穂

私たち、アナウンサーはただニュースを読んで
お伝えしているわけではありません。

日々、アナウンサー兼記者兼ディレクターとして
取材し、原稿を書いています。

毎週水曜・金曜は長尺でお伝えしている「やまトク」。
1月27日には、米沢にある飛込プールについて
お伝えしました。

小中学生の時に、
私は、飛込競技を地元静岡県富士市で習っていました。

昨年末に、その時の飛込の先生から、
「米沢市営の飛込プールが
費用対効果の低さから存続の危機」と聞き、
「伝えたい!」と思い、取材することになりました。

市や議会の動きは、
動画を見ていただければ、全て分かります!!!
放送後、飛込プールが
「存続」となったことは一生忘れないと思います。

やまトク1/27 OA  存続の危機
▼「米沢市にある県内唯一の飛込競技用プール。
その存続が危ぶまれています。
存続に向けた関係者の思いを聞きました。
https://youtu.be/6BYQoRXq9WI

▼2/4OA  署名提出
「山形県米沢市にある、
県内唯一の飛込プールが廃止の危機となっています。
2月4日利用者が集まった署名を
米沢市に提出し存続を訴えました。
https://youtu.be/d9RQGv89aiA

▼2/9OA 米沢市議会「廃止方針撤回」
「米沢市は2月9日(火)廃止の方針を示していた
県内唯一の市営飛込プールについて、
市議会で「方針を撤回する」と表明しました。
https://youtu.be/a_fz7IV2DCk

 ▼2/10OA 米沢市長にインタビュー
「米沢市はきのう、廃止の方針を示していた
市営の飛込プールについて市議会で、
「方針を撤回する」と表明しました。
存続を求めていた関係者は喜びを表すとともに
今後の利活用を検討したいとしています。
https://youtu.be/4HC4-2TXB04

飛込プール「存続」となった今、
利用人数を増やすための努力や、利活用の方法などを
市と利用者の皆さんが手を取り合い、
双方の納得する形で進めて欲しいと思いました。

放送するにあたって記者として、様々な葛藤がありましたが、
お世話になった、
米沢市役所の皆さん、米沢ダイビングクラブの皆さん、
全国の飛込施設の皆さん、本当にありがとうございました。

飛び込みプール