よもやよもやだ。

投稿日:2020年11月17日  作成者:結城 晃一郎

山形市の紅葉の名所、もみじ公園。

09884774-D2AA-440B-BDA1-1F0A1EAC3944

「よもやよもやだ」。

そこで色づいたもみじが・・・よもやの炎柱(えんばしら)カラーではないか!!

22A1D634-D6BC-4C29-BD16-2374582380F2

今話題の作品「鬼滅の刃(きめつのやいば)」。最強剣士の一人として出てくる煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)。彼の燃えるような頭髪の色が、まさにこの色なのだ。

季節のうつろいの中、一瞬とも言える美しさ。

「老いることも死ぬことも人間という儚い生き物の美しさだ 老いるからこそ死ぬからこそ 堪らなく愛おしく尊いのだ」

あぁ、吹く風にちらちらと舞う葉にのせて、作中の杏寿郎のセリフが聞こえてくる・・・。

DBB8C1B5-618C-4BAB-9210-CB67967782E8

紅葉とは死にゆく色。幹が葉を切り捨てる色。儚いからこその、よもやの美しさ。

あぁ、仕事で行ったのにこんなことをボーっと考えてしまった・・・。

「取材者として不甲斐なし!! 穴があったら入りたい!!」

結城晃一郎