「花園」があると信じて

投稿日:2020年7月25日  作成者:結城 晃一郎

※再追記 改めて放送が決まりました!7月31日(金)Nスタやまがた内(午後6時15分~)でオンエアします!

**********

※追記 放送予定が変更になりました。放送日は改めてお知らせいたします。

**********

立て続けに公私混同!?ブログをアップさせていただきます!

僕はラグビーを応援しています!!

もちろんスポーツ全般が好きですし、各種目の選手たちの活躍に心からの敬意を持ち取材し、皆さんに伝えているつもりです。

が、絶対に譲れないのがラグビーです。そりゃそうです、実際にプレーしていたんですから。

さて。僕がたびたびカメラ片手に取材しているのが、母校であり出身部活である山形中央高校ラグビー部。

C6E0591D-9C57-42A0-9AA0-7E1527711F19

ご存知の通り、新型コロナの影響で各部活動の全国大会が中止となり、地域別の代替大会に切り替わっています。

そんな中、ラグビー部の面々は練習を続けています。そう、高校ラグビーの全国大会、いわゆる「花園」は、まだ大会がどうならるのか正式に発表されていないのです。

ラグビー部の活動自体もコロナの影響を受けています。ラグビーのシンボルである接触プレーは練習すら禁じられ、パス練習だけの日々が二ヶ月近く続きました。

ようやく7月に入り、接触プレーの練習が解禁になりました。※日本ラグビー協会指針による

FC1A3654-44FE-4A2B-AB15-7F43D1C96588

左が山形中央、右は聖光学院(福島)です。スクラムの練習なんて久しぶり。選手たちは、これまでのブランクを取り戻すように、ガツガツスクラムを組みます。

00C1ED3B-7EE2-4B39-9550-E9598FBB773F

8対8、計16人が組むスクラムは、おそらく世界最高の「密」状態でしょう。しかしこれがラグビー、これぞラグビー。

コロナ問題の前には当たり前にできていたことが、実はとても尊いものだと感じながら、選手たちは砂にまみれ、汗にまみれて練習していました。

そんな選手たちの様子を、わたくし結城が完全一人カメラ取材したものを、スタッフの力を借りてオンエアします!!

大会がどうなるか分からない中、青春をかける高校ラガーマンの表情から、皆さんに何かを感じてもらえたら。

伝えたい思いがある。僕のラグビー企画は、7月29日・午後6時15分からの「Nスタやまがた」で放送予定です。どうぞご覧くださいっ!

結城晃一郎