花火は古くからお盆の時期に魂の鎮魂のために行われたものとも言われ、日本人にとっては欠かせない風物詩として心に刻まれた夏の象徴。しかし今年は新型コロナウイルスの影響で県内の花火大会は軒並み開催が見送られた。各地のイベントや夏祭りも中止となる中、少しでも夏の風情を楽しんでもらうため、番組では昨年の山形市の花火大会を中心に県内で開催された花火大会をダイジェスト版で放送。ふるさとの夏を彩る各地の花火を集め、贅沢な夢の競演で放送する。

山形市政130周年と、40回の記念大会として開催された山形市の山形大花火大会は、昨年初のテレビ生中継で放送。テレビカメラ6台にドローンを交え、臨場感のある迫力の映像で感動を与えた。また鶴岡市の赤川花火大会は全国トップクラスの花火師が技術を競い合う競技会でもあり、全国屈指の花火大会として知られている。その他、最上川河口を舞台にしたダイナミックな酒田花火ショーなど、厳選花火映像を令和元年メモリアルで送る。