ランチ工房いしこう

平成8年酒田市に創業したランチ工房いしこうは創業以来、日替わり手作り弁当、一種類だけにこだわって作ってきました。
お客様に満足していただけるように毎日毎日メニューを変え、栄養バランスを考えた弁当を作っています。

ランチ工房いしこうでは毎日およそ700食の弁当を作っています。調理から盛り付けまで全てが手作業。出来立てのあったかい弁当を提供する事がモットーです。

弁当の準備をするのが代表の齋藤さん。午前2時。その日に出すおかずとごはんの仕込みが始まります。
齋藤さんが一番こだわるもの・・・それは主食のごはん。地元産のひとめぼれを使い、季節によって水加減を調節し、ごはんをふっくらと炊き上げます。

美味しさもさることながら、衛生面にも配慮しています。弁当には必ず無菌シートを敷いて、お客様が美味しく食べていただけるように安心安全な弁当を提供しています。
その衛生管理は厨房にも表れています。 日々の作業が終わるとじっくり時間をかけて念入りに厨房を清掃。厨房機器はいつも新品のように輝いています。このような衛生面が高く評価されて、昨年、食品衛生優良施設に認定されました。

午前9時。出来立てのあったかい弁当を酒田市内の会社へ配達します。弁当を待っている人がいれば、一個でも配達すると言う齋藤さん。 
齋藤さんを動かす原動力…それはお客様の笑顔。
従業員たちとしっかりタッグを組んで、酒田市の働く人たちを支え続けます。

2015年1月22日 放送

ランチ工房いしこう

平成8年酒田市に創業したランチ工房いしこうは創業以来、日替わり手作り弁当、一種類だけにこだわって作ってきました。
お客様に満足していただけるように毎日毎日メニューを変え、栄養バランスを考えた弁当を作っています。

ランチ工房いしこうでは毎日およそ700食の弁当を作っています。調理から盛り付けまで全てが手作業。出来立てのあったかい弁当を提供する事がモットーです。

弁当の準備をするのが代表の齋藤さん。午前2時。その日に出すおかずとごはんの仕込みが始まります。
齋藤さんが一番こだわるもの・・・それは主食のごはん。地元産のひとめぼれを使い、季節によって水加減を調節し、ごはんをふっくらと炊き上げます。

美味しさもさることながら、衛生面にも配慮しています。弁当には必ず無菌シートを敷いて、お客様が美味しく食べていただけるように安心安全な弁当を提供しています。
その衛生管理は厨房にも表れています。 日々の作業が終わるとじっくり時間をかけて念入りに厨房を清掃。厨房機器はいつも新品のように輝いています。このような衛生面が高く評価されて、昨年、食品衛生優良施設に認定されました。

午前9時。出来立てのあったかい弁当を酒田市内の会社へ配達します。弁当を待っている人がいれば、一個でも配達すると言う齋藤さん。 
齋藤さんを動かす原動力…それはお客様の笑顔。
従業員たちとしっかりタッグを組んで、酒田市の働く人たちを支え続けます。

企業情報

酒田市中野曽根字前田51-2
問/0234-27-3484

クリックで拡大画像が見られます。

ランチ工房いしこう

平成8年酒田市に創業したランチ工房いしこうは創業以来、日替わり手作り弁当、一種類だけにこだわって作ってきました。
お客様に満足していただけるように毎日毎日メニューを変え、栄養バランスを考えた弁当を作っています。

ランチ工房いしこうでは毎日およそ700食の弁当を作っています。調理から盛り付けまで全てが手作業。出来立てのあったかい弁当を提供する事がモットーです。

弁当の準備をするのが代表の齋藤さん。午前2時。その日に出すおかずとごはんの仕込みが始まります。
齋藤さんが一番こだわるもの・・・それは主食のごはん。地元産のひとめぼれを使い、季節によって水加減を調節し、ごはんをふっくらと炊き上げます。

美味しさもさることながら、衛生面にも配慮しています。弁当には必ず無菌シートを敷いて、お客様が美味しく食べていただけるように安心安全な弁当を提供しています。
その衛生管理は厨房にも表れています。 日々の作業が終わるとじっくり時間をかけて念入りに厨房を清掃。厨房機器はいつも新品のように輝いています。このような衛生面が高く評価されて、昨年、食品衛生優良施設に認定されました。

午前9時。出来立てのあったかい弁当を酒田市内の会社へ配達します。弁当を待っている人がいれば、一個でも配達すると言う齋藤さん。 
齋藤さんを動かす原動力…それはお客様の笑顔。
従業員たちとしっかりタッグを組んで、酒田市の働く人たちを支え続けます。

 放送

ランチ工房いしこう

平成8年酒田市に創業したランチ工房いしこうは創業以来、日替わり手作り弁当、一種類だけにこだわって作ってきました。
お客様に満足していただけるように毎日毎日メニューを変え、栄養バランスを考えた弁当を作っています。

ランチ工房いしこうでは毎日およそ700食の弁当を作っています。調理から盛り付けまで全てが手作業。出来立てのあったかい弁当を提供する事がモットーです。

弁当の準備をするのが代表の齋藤さん。午前2時。その日に出すおかずとごはんの仕込みが始まります。
齋藤さんが一番こだわるもの・・・それは主食のごはん。地元産のひとめぼれを使い、季節によって水加減を調節し、ごはんをふっくらと炊き上げます。

美味しさもさることながら、衛生面にも配慮しています。弁当には必ず無菌シートを敷いて、お客様が美味しく食べていただけるように安心安全な弁当を提供しています。
その衛生管理は厨房にも表れています。 日々の作業が終わるとじっくり時間をかけて念入りに厨房を清掃。厨房機器はいつも新品のように輝いています。このような衛生面が高く評価されて、昨年、食品衛生優良施設に認定されました。

午前9時。出来立てのあったかい弁当を酒田市内の会社へ配達します。弁当を待っている人がいれば、一個でも配達すると言う齋藤さん。 
齋藤さんを動かす原動力…それはお客様の笑顔。
従業員たちとしっかりタッグを組んで、酒田市の働く人たちを支え続けます。

企業情報

酒田市中野曽根字前田51-2
問/0234-27-3484

クリックで拡大画像が見られます。