そば処 三百坊

山形市西蔵王にあるそば処三百坊。こだわりの美味しいそばが食べられるとあって、四季を通して県内外からたくさんのお客さんが訪れます。
こちらの自慢の蕎麦は『坊板そば』です。
三百坊では西蔵王にある2haのそば畑で北海道産の北早生(きたわせ)という品種を自家栽培しています。春に種を蒔いて夏収穫する、夏そばや。夏に種を蒔いて秋に収穫する秋そばなど、その時期に味わえる旬のそばを提供しています。

収穫したそばの実を乾燥機に入れて、2、3日間乾燥させてから、脱皮機でそばの皮をむきます。その後、そばの風味を生かすため、石臼を使い製粉します。 

製粉したそば粉はそばの香りが引き立つようにそば粉10つなぎ1の『十一(といち)そば』を出しています。そば粉は長く置くと風味がおちるので、ひきたてのそば粉を使っています。

そばを提供する際、注文と同時に麺を茹でます。
その時の気温、湿度を考慮し、麺を茹でた後、地下から汲み上げた西蔵王の冷たい伏流水で蕎麦をギュッと締めて完成。そばは挽きたて、打ちたて、茹でたて、この『そばの3たて』が揃ってこそ一番美味しいのです。

このそばに合うのが羅臼(らうす)昆布と飛島産の焼きアゴで作った無添加のそばつゆ。

そして、蕎麦の美味しさを倍増させるものが庭園に広がる雪景色。店内から眺める四季折々の景色がそばの美味しさをひきたてます。

また、この昔ながらの母屋も特徴的。これは大江町にあった古民家を移築したもので、築400年を超えます。静寂に満ちたと店内と水墨画のような外の景色をみながら落ち着いた雰囲気でそばを楽しむことができます。

2014年12月18日 放送

そば処 三百坊

山形市西蔵王にあるそば処三百坊。こだわりの美味しいそばが食べられるとあって、四季を通して県内外からたくさんのお客さんが訪れます。
こちらの自慢の蕎麦は『坊板そば』です。
三百坊では西蔵王にある2haのそば畑で北海道産の北早生(きたわせ)という品種を自家栽培しています。春に種を蒔いて夏収穫する、夏そばや。夏に種を蒔いて秋に収穫する秋そばなど、その時期に味わえる旬のそばを提供しています。

収穫したそばの実を乾燥機に入れて、2、3日間乾燥させてから、脱皮機でそばの皮をむきます。その後、そばの風味を生かすため、石臼を使い製粉します。 

製粉したそば粉はそばの香りが引き立つようにそば粉10つなぎ1の『十一(といち)そば』を出しています。そば粉は長く置くと風味がおちるので、ひきたてのそば粉を使っています。

そばを提供する際、注文と同時に麺を茹でます。
その時の気温、湿度を考慮し、麺を茹でた後、地下から汲み上げた西蔵王の冷たい伏流水で蕎麦をギュッと締めて完成。そばは挽きたて、打ちたて、茹でたて、この『そばの3たて』が揃ってこそ一番美味しいのです。

このそばに合うのが羅臼(らうす)昆布と飛島産の焼きアゴで作った無添加のそばつゆ。

そして、蕎麦の美味しさを倍増させるものが庭園に広がる雪景色。店内から眺める四季折々の景色がそばの美味しさをひきたてます。

また、この昔ながらの母屋も特徴的。これは大江町にあった古民家を移築したもので、築400年を超えます。静寂に満ちたと店内と水墨画のような外の景色をみながら落ち着いた雰囲気でそばを楽しむことができます。

企業情報

そば処 三百坊
山形市土坂字荒屋敷453-2
営/午前11時15分~午後3時30分(平日)
 午前11時~午後4時30分(日曜日・祭日)
休/年中無休
問/023―633-3092
http://300bou.com/


クリックで拡大画像が見られます。

そば処 三百坊

山形市西蔵王にあるそば処三百坊。こだわりの美味しいそばが食べられるとあって、四季を通して県内外からたくさんのお客さんが訪れます。
こちらの自慢の蕎麦は『坊板そば』です。
三百坊では西蔵王にある2haのそば畑で北海道産の北早生(きたわせ)という品種を自家栽培しています。春に種を蒔いて夏収穫する、夏そばや。夏に種を蒔いて秋に収穫する秋そばなど、その時期に味わえる旬のそばを提供しています。

収穫したそばの実を乾燥機に入れて、2、3日間乾燥させてから、脱皮機でそばの皮をむきます。その後、そばの風味を生かすため、石臼を使い製粉します。 

製粉したそば粉はそばの香りが引き立つようにそば粉10つなぎ1の『十一(といち)そば』を出しています。そば粉は長く置くと風味がおちるので、ひきたてのそば粉を使っています。

そばを提供する際、注文と同時に麺を茹でます。
その時の気温、湿度を考慮し、麺を茹でた後、地下から汲み上げた西蔵王の冷たい伏流水で蕎麦をギュッと締めて完成。そばは挽きたて、打ちたて、茹でたて、この『そばの3たて』が揃ってこそ一番美味しいのです。

このそばに合うのが羅臼(らうす)昆布と飛島産の焼きアゴで作った無添加のそばつゆ。

そして、蕎麦の美味しさを倍増させるものが庭園に広がる雪景色。店内から眺める四季折々の景色がそばの美味しさをひきたてます。

また、この昔ながらの母屋も特徴的。これは大江町にあった古民家を移築したもので、築400年を超えます。静寂に満ちたと店内と水墨画のような外の景色をみながら落ち着いた雰囲気でそばを楽しむことができます。

 放送

そば処 三百坊

山形市西蔵王にあるそば処三百坊。こだわりの美味しいそばが食べられるとあって、四季を通して県内外からたくさんのお客さんが訪れます。
こちらの自慢の蕎麦は『坊板そば』です。
三百坊では西蔵王にある2haのそば畑で北海道産の北早生(きたわせ)という品種を自家栽培しています。春に種を蒔いて夏収穫する、夏そばや。夏に種を蒔いて秋に収穫する秋そばなど、その時期に味わえる旬のそばを提供しています。

収穫したそばの実を乾燥機に入れて、2、3日間乾燥させてから、脱皮機でそばの皮をむきます。その後、そばの風味を生かすため、石臼を使い製粉します。 

製粉したそば粉はそばの香りが引き立つようにそば粉10つなぎ1の『十一(といち)そば』を出しています。そば粉は長く置くと風味がおちるので、ひきたてのそば粉を使っています。

そばを提供する際、注文と同時に麺を茹でます。
その時の気温、湿度を考慮し、麺を茹でた後、地下から汲み上げた西蔵王の冷たい伏流水で蕎麦をギュッと締めて完成。そばは挽きたて、打ちたて、茹でたて、この『そばの3たて』が揃ってこそ一番美味しいのです。

このそばに合うのが羅臼(らうす)昆布と飛島産の焼きアゴで作った無添加のそばつゆ。

そして、蕎麦の美味しさを倍増させるものが庭園に広がる雪景色。店内から眺める四季折々の景色がそばの美味しさをひきたてます。

また、この昔ながらの母屋も特徴的。これは大江町にあった古民家を移築したもので、築400年を超えます。静寂に満ちたと店内と水墨画のような外の景色をみながら落ち着いた雰囲気でそばを楽しむことができます。

企業情報

そば処 三百坊
山形市土坂字荒屋敷453-2
営/午前11時15分~午後3時30分(平日)
 午前11時~午後4時30分(日曜日・祭日)
休/年中無休
問/023―633-3092
http://300bou.com/


クリックで拡大画像が見られます。