株式会社 四釜製作所

昭和36年創業の四釜製作所は省力化機械、自動車や半導体などの部品を作るための治工具の設計製作などを行っている会社です。多品種少ロットの製品づくりを得意としていて、大型の製品から手の平に乗るような小さな部品まで
幅広く対応しています。

四釜製作所は顧客のニーズに応えて、一個の部品から製品までを幅広く製作。設計から組立までを一貫して行っています。従業員ひとりひとりが熱意を持ち、妥協を許さない製品づくりに取り組んでいます。
工程は材料をどのように削るかをプログラミングしてから加工していきます。

切削加工するための機械、マシニングセンターは様々な形にも対応する機械で、お客さまの要望に応じて、ミクロン単位の高精度部品まで対応しています。
マシニングセンターでは加工する部品に合わせて、大小様々な刃物を使いわけて削っていきます。このあとは研磨作業に入り、砥石(といし)を使い、精度よく削っていきます。

四釜製作所は製造部門と管理部門の大きな2本の柱があります。機械部品は精度が命です。そして生産管理と品質管理には妥協を許さない厳しい目でチェックを行っています。

受注から製造納品まで品質には万全を期していて、四釜製作所の製品に対する信頼度を高めています。

又、県内では四釜製作所でしか作っていないある製品があります。それがバネを作るためのバネ加工機です。この製品は部品から作り、組立て、配線まで行い製品となります。精密なバネを作るには高精度の部品が必要のため、その部品の安定した品質を保つこと組立時の最終調整が重要となります。
バネ加工機では4mmから0.2mmのバネを作る事ができ、その小さなバネは携帯電話や医療機器など様々な製品に使われます。

四釜製作所が作る高精度かつ信頼ある製品は産業界から高い評価を得ています。

2014年12月11日 放送

株式会社 四釜製作所

昭和36年創業の四釜製作所は省力化機械、自動車や半導体などの部品を作るための治工具の設計製作などを行っている会社です。多品種少ロットの製品づくりを得意としていて、大型の製品から手の平に乗るような小さな部品まで
幅広く対応しています。

四釜製作所は顧客のニーズに応えて、一個の部品から製品までを幅広く製作。設計から組立までを一貫して行っています。従業員ひとりひとりが熱意を持ち、妥協を許さない製品づくりに取り組んでいます。
工程は材料をどのように削るかをプログラミングしてから加工していきます。

切削加工するための機械、マシニングセンターは様々な形にも対応する機械で、お客さまの要望に応じて、ミクロン単位の高精度部品まで対応しています。
マシニングセンターでは加工する部品に合わせて、大小様々な刃物を使いわけて削っていきます。このあとは研磨作業に入り、砥石(といし)を使い、精度よく削っていきます。

四釜製作所は製造部門と管理部門の大きな2本の柱があります。機械部品は精度が命です。そして生産管理と品質管理には妥協を許さない厳しい目でチェックを行っています。

受注から製造納品まで品質には万全を期していて、四釜製作所の製品に対する信頼度を高めています。

又、県内では四釜製作所でしか作っていないある製品があります。それがバネを作るためのバネ加工機です。この製品は部品から作り、組立て、配線まで行い製品となります。精密なバネを作るには高精度の部品が必要のため、その部品の安定した品質を保つこと組立時の最終調整が重要となります。
バネ加工機では4mmから0.2mmのバネを作る事ができ、その小さなバネは携帯電話や医療機器など様々な製品に使われます。

四釜製作所が作る高精度かつ信頼ある製品は産業界から高い評価を得ています。

企業情報

長井市成田開一853-4
問/0238-88-2891
http://www.jan.ne.jp/~skm.ss/


クリックで拡大画像が見られます。

株式会社 四釜製作所

昭和36年創業の四釜製作所は省力化機械、自動車や半導体などの部品を作るための治工具の設計製作などを行っている会社です。多品種少ロットの製品づくりを得意としていて、大型の製品から手の平に乗るような小さな部品まで
幅広く対応しています。

四釜製作所は顧客のニーズに応えて、一個の部品から製品までを幅広く製作。設計から組立までを一貫して行っています。従業員ひとりひとりが熱意を持ち、妥協を許さない製品づくりに取り組んでいます。
工程は材料をどのように削るかをプログラミングしてから加工していきます。

切削加工するための機械、マシニングセンターは様々な形にも対応する機械で、お客さまの要望に応じて、ミクロン単位の高精度部品まで対応しています。
マシニングセンターでは加工する部品に合わせて、大小様々な刃物を使いわけて削っていきます。このあとは研磨作業に入り、砥石(といし)を使い、精度よく削っていきます。

四釜製作所は製造部門と管理部門の大きな2本の柱があります。機械部品は精度が命です。そして生産管理と品質管理には妥協を許さない厳しい目でチェックを行っています。

受注から製造納品まで品質には万全を期していて、四釜製作所の製品に対する信頼度を高めています。

又、県内では四釜製作所でしか作っていないある製品があります。それがバネを作るためのバネ加工機です。この製品は部品から作り、組立て、配線まで行い製品となります。精密なバネを作るには高精度の部品が必要のため、その部品の安定した品質を保つこと組立時の最終調整が重要となります。
バネ加工機では4mmから0.2mmのバネを作る事ができ、その小さなバネは携帯電話や医療機器など様々な製品に使われます。

四釜製作所が作る高精度かつ信頼ある製品は産業界から高い評価を得ています。

 放送

株式会社 四釜製作所

昭和36年創業の四釜製作所は省力化機械、自動車や半導体などの部品を作るための治工具の設計製作などを行っている会社です。多品種少ロットの製品づくりを得意としていて、大型の製品から手の平に乗るような小さな部品まで
幅広く対応しています。

四釜製作所は顧客のニーズに応えて、一個の部品から製品までを幅広く製作。設計から組立までを一貫して行っています。従業員ひとりひとりが熱意を持ち、妥協を許さない製品づくりに取り組んでいます。
工程は材料をどのように削るかをプログラミングしてから加工していきます。

切削加工するための機械、マシニングセンターは様々な形にも対応する機械で、お客さまの要望に応じて、ミクロン単位の高精度部品まで対応しています。
マシニングセンターでは加工する部品に合わせて、大小様々な刃物を使いわけて削っていきます。このあとは研磨作業に入り、砥石(といし)を使い、精度よく削っていきます。

四釜製作所は製造部門と管理部門の大きな2本の柱があります。機械部品は精度が命です。そして生産管理と品質管理には妥協を許さない厳しい目でチェックを行っています。

受注から製造納品まで品質には万全を期していて、四釜製作所の製品に対する信頼度を高めています。

又、県内では四釜製作所でしか作っていないある製品があります。それがバネを作るためのバネ加工機です。この製品は部品から作り、組立て、配線まで行い製品となります。精密なバネを作るには高精度の部品が必要のため、その部品の安定した品質を保つこと組立時の最終調整が重要となります。
バネ加工機では4mmから0.2mmのバネを作る事ができ、その小さなバネは携帯電話や医療機器など様々な製品に使われます。

四釜製作所が作る高精度かつ信頼ある製品は産業界から高い評価を得ています。

企業情報

長井市成田開一853-4
問/0238-88-2891
http://www.jan.ne.jp/~skm.ss/


クリックで拡大画像が見られます。