株式会社 三浦エンジニアリング

昭和54年に創業した長井市の三浦エンジニアリングは精密板金を主体とした工作機械の部品を作っております。多品種小ロット製品を得意として、ほとんどが部品一個の製品になります。まずは、受注を受けてから図面を書き、製品をプログラム化します。ひと月に2000枚以上の図面がつくり、4,500点の部品が製品としてお客様に納品されます。

三浦エンジニアリングでは幅広いニーズに応えるため、受注から設計、生産までを一貫して行っています。まず、図面から機械を動かす為のソフトを二次元の状態にプログラムしてから加工が始まります。
その後、レーザー加工機、ターレットパンチプレスなどで切断をします。
レーザーで切断したものは、次にプレスブレーキで曲げ加工され、三次元の部品が出来上がります。
そして、部品同士を溶接すると製品が完成。それをメッキ加工や塗装をしてお客様に納品します。

社長の三浦さんは昭和54年、自宅の倉庫を改造して、たった一人で起業。初めは溶接業からスタートしました。創業当時から一貫して変わらない三浦さんのモットーがあります。
「高精度の製品をお客様に納品する事」

これまでに子供が遊ぶプログラムゲーム機なども製造。さらに地震体験装置までも作りました。最大震度7まで体験できるもので、現在、岡山県の津山市にある防災センターに設置してあります。

現在、取引先は県内外の企業およそ40社。三浦エンジニアリングが作る高精度の部品と製品、そして信頼ある技術は各方面から高い評価を受けています。

2014年12月4日 放送

株式会社 三浦エンジニアリング

昭和54年に創業した長井市の三浦エンジニアリングは精密板金を主体とした工作機械の部品を作っております。多品種小ロット製品を得意として、ほとんどが部品一個の製品になります。まずは、受注を受けてから図面を書き、製品をプログラム化します。ひと月に2000枚以上の図面がつくり、4,500点の部品が製品としてお客様に納品されます。

三浦エンジニアリングでは幅広いニーズに応えるため、受注から設計、生産までを一貫して行っています。まず、図面から機械を動かす為のソフトを二次元の状態にプログラムしてから加工が始まります。
その後、レーザー加工機、ターレットパンチプレスなどで切断をします。
レーザーで切断したものは、次にプレスブレーキで曲げ加工され、三次元の部品が出来上がります。
そして、部品同士を溶接すると製品が完成。それをメッキ加工や塗装をしてお客様に納品します。

社長の三浦さんは昭和54年、自宅の倉庫を改造して、たった一人で起業。初めは溶接業からスタートしました。創業当時から一貫して変わらない三浦さんのモットーがあります。
「高精度の製品をお客様に納品する事」

これまでに子供が遊ぶプログラムゲーム機なども製造。さらに地震体験装置までも作りました。最大震度7まで体験できるもので、現在、岡山県の津山市にある防災センターに設置してあります。

現在、取引先は県内外の企業およそ40社。三浦エンジニアリングが作る高精度の部品と製品、そして信頼ある技術は各方面から高い評価を受けています。

企業情報

長井市成田八幡下808-1
問/0238-84-3881
http://www.miura-eng.co.jp/


クリックで拡大画像が見られます。

株式会社 三浦エンジニアリング

昭和54年に創業した長井市の三浦エンジニアリングは精密板金を主体とした工作機械の部品を作っております。多品種小ロット製品を得意として、ほとんどが部品一個の製品になります。まずは、受注を受けてから図面を書き、製品をプログラム化します。ひと月に2000枚以上の図面がつくり、4,500点の部品が製品としてお客様に納品されます。

三浦エンジニアリングでは幅広いニーズに応えるため、受注から設計、生産までを一貫して行っています。まず、図面から機械を動かす為のソフトを二次元の状態にプログラムしてから加工が始まります。
その後、レーザー加工機、ターレットパンチプレスなどで切断をします。
レーザーで切断したものは、次にプレスブレーキで曲げ加工され、三次元の部品が出来上がります。
そして、部品同士を溶接すると製品が完成。それをメッキ加工や塗装をしてお客様に納品します。

社長の三浦さんは昭和54年、自宅の倉庫を改造して、たった一人で起業。初めは溶接業からスタートしました。創業当時から一貫して変わらない三浦さんのモットーがあります。
「高精度の製品をお客様に納品する事」

これまでに子供が遊ぶプログラムゲーム機なども製造。さらに地震体験装置までも作りました。最大震度7まで体験できるもので、現在、岡山県の津山市にある防災センターに設置してあります。

現在、取引先は県内外の企業およそ40社。三浦エンジニアリングが作る高精度の部品と製品、そして信頼ある技術は各方面から高い評価を受けています。

 放送

株式会社 三浦エンジニアリング

昭和54年に創業した長井市の三浦エンジニアリングは精密板金を主体とした工作機械の部品を作っております。多品種小ロット製品を得意として、ほとんどが部品一個の製品になります。まずは、受注を受けてから図面を書き、製品をプログラム化します。ひと月に2000枚以上の図面がつくり、4,500点の部品が製品としてお客様に納品されます。

三浦エンジニアリングでは幅広いニーズに応えるため、受注から設計、生産までを一貫して行っています。まず、図面から機械を動かす為のソフトを二次元の状態にプログラムしてから加工が始まります。
その後、レーザー加工機、ターレットパンチプレスなどで切断をします。
レーザーで切断したものは、次にプレスブレーキで曲げ加工され、三次元の部品が出来上がります。
そして、部品同士を溶接すると製品が完成。それをメッキ加工や塗装をしてお客様に納品します。

社長の三浦さんは昭和54年、自宅の倉庫を改造して、たった一人で起業。初めは溶接業からスタートしました。創業当時から一貫して変わらない三浦さんのモットーがあります。
「高精度の製品をお客様に納品する事」

これまでに子供が遊ぶプログラムゲーム機なども製造。さらに地震体験装置までも作りました。最大震度7まで体験できるもので、現在、岡山県の津山市にある防災センターに設置してあります。

現在、取引先は県内外の企業およそ40社。三浦エンジニアリングが作る高精度の部品と製品、そして信頼ある技術は各方面から高い評価を受けています。

企業情報

長井市成田八幡下808-1
問/0238-84-3881
http://www.miura-eng.co.jp/


クリックで拡大画像が見られます。