高橋畜産食肉 株式会社

昭和23年食肉卸売業として創業した高橋畜産食肉。現在は旅館、スーパーへの食肉卸と小売部門として元気市場たかはしを経営しています。特徴はなんと言っても、美味しいお肉がリーズナブルに食べられるという事。

その美味しさの秘密は仔牛生産から加工販売までを一貫して行っているので、美味しさや鮮度はもちろん、安心安全、そしてリーズナブルな牛肉を提供できるのです。

高橋畜産食肉では山形と宮城に6ヶ所の指定牧場を持っています。特に宮城県の川崎町と白石市にある2つの牧場の広さは2つあわせておよそ200ha。
なんと東京ドーム50個分です。
取り扱っている肉牛は黒毛和牛と黒毛和牛と乳牛のハーフの2種類。
1年間におよそ1500頭の生産量を誇ります。

高橋畜産食肉のオリジナルブランド牛が蔵王牛です。育てる上で、一番気を使うの肥料です。地元の稲藁と飼料米を使い、長年のノウハウを生かし、独自の配合で飼料を作ります。

次は牛肉のカット加工です。骨を抜いて肉の形を整える作業『脱骨整形』が行われ、注文に応じカットし、真空パックにして出荷します。
山形ビーフセンターでは安心安全な商品を届けるため、ISO22000を取得。
信頼ある牛肉を消費者へ提供しています。

また、ギフト商品の加工・発送を行っている蔵王高原ミートファクトリーではすべての行程が温度管理された衛生的な工場。鮮度が良いままスライス加工され、全国へ向けて発送されます。

高橋畜産食肉では小売部門として『元気市場たかはし』を運営しています。
市内に3店舗を展開し、牧場直送の新鮮な肉を提供しています。

オリジナルブランドの『蔵王牛』は赤身と脂身のバランスが良く、コクと深い味わいが特徴。これからの寒い時期は、すきやきなどが食卓を賑わせます。

高橋畜産食肉の創業当時から変わらないモットーがあります。それは『お客様の笑顔のために』。

これからも安心安全で美味しいお肉を届けていきます。

2014年11月27日 放送

高橋畜産食肉 株式会社

昭和23年食肉卸売業として創業した高橋畜産食肉。現在は旅館、スーパーへの食肉卸と小売部門として元気市場たかはしを経営しています。特徴はなんと言っても、美味しいお肉がリーズナブルに食べられるという事。

その美味しさの秘密は仔牛生産から加工販売までを一貫して行っているので、美味しさや鮮度はもちろん、安心安全、そしてリーズナブルな牛肉を提供できるのです。

高橋畜産食肉では山形と宮城に6ヶ所の指定牧場を持っています。特に宮城県の川崎町と白石市にある2つの牧場の広さは2つあわせておよそ200ha。
なんと東京ドーム50個分です。
取り扱っている肉牛は黒毛和牛と黒毛和牛と乳牛のハーフの2種類。
1年間におよそ1500頭の生産量を誇ります。

高橋畜産食肉のオリジナルブランド牛が蔵王牛です。育てる上で、一番気を使うの肥料です。地元の稲藁と飼料米を使い、長年のノウハウを生かし、独自の配合で飼料を作ります。

次は牛肉のカット加工です。骨を抜いて肉の形を整える作業『脱骨整形』が行われ、注文に応じカットし、真空パックにして出荷します。
山形ビーフセンターでは安心安全な商品を届けるため、ISO22000を取得。
信頼ある牛肉を消費者へ提供しています。

また、ギフト商品の加工・発送を行っている蔵王高原ミートファクトリーではすべての行程が温度管理された衛生的な工場。鮮度が良いままスライス加工され、全国へ向けて発送されます。

高橋畜産食肉では小売部門として『元気市場たかはし』を運営しています。
市内に3店舗を展開し、牧場直送の新鮮な肉を提供しています。

オリジナルブランドの『蔵王牛』は赤身と脂身のバランスが良く、コクと深い味わいが特徴。これからの寒い時期は、すきやきなどが食卓を賑わせます。

高橋畜産食肉の創業当時から変わらないモットーがあります。それは『お客様の笑顔のために』。

これからも安心安全で美味しいお肉を届けていきます。

企業情報

山形市青田1—1—44
問/023-623-5658
http://www.zao-gyu.com/


クリックで拡大画像が見られます。

高橋畜産食肉 株式会社

昭和23年食肉卸売業として創業した高橋畜産食肉。現在は旅館、スーパーへの食肉卸と小売部門として元気市場たかはしを経営しています。特徴はなんと言っても、美味しいお肉がリーズナブルに食べられるという事。

その美味しさの秘密は仔牛生産から加工販売までを一貫して行っているので、美味しさや鮮度はもちろん、安心安全、そしてリーズナブルな牛肉を提供できるのです。

高橋畜産食肉では山形と宮城に6ヶ所の指定牧場を持っています。特に宮城県の川崎町と白石市にある2つの牧場の広さは2つあわせておよそ200ha。
なんと東京ドーム50個分です。
取り扱っている肉牛は黒毛和牛と黒毛和牛と乳牛のハーフの2種類。
1年間におよそ1500頭の生産量を誇ります。

高橋畜産食肉のオリジナルブランド牛が蔵王牛です。育てる上で、一番気を使うの肥料です。地元の稲藁と飼料米を使い、長年のノウハウを生かし、独自の配合で飼料を作ります。

次は牛肉のカット加工です。骨を抜いて肉の形を整える作業『脱骨整形』が行われ、注文に応じカットし、真空パックにして出荷します。
山形ビーフセンターでは安心安全な商品を届けるため、ISO22000を取得。
信頼ある牛肉を消費者へ提供しています。

また、ギフト商品の加工・発送を行っている蔵王高原ミートファクトリーではすべての行程が温度管理された衛生的な工場。鮮度が良いままスライス加工され、全国へ向けて発送されます。

高橋畜産食肉では小売部門として『元気市場たかはし』を運営しています。
市内に3店舗を展開し、牧場直送の新鮮な肉を提供しています。

オリジナルブランドの『蔵王牛』は赤身と脂身のバランスが良く、コクと深い味わいが特徴。これからの寒い時期は、すきやきなどが食卓を賑わせます。

高橋畜産食肉の創業当時から変わらないモットーがあります。それは『お客様の笑顔のために』。

これからも安心安全で美味しいお肉を届けていきます。

 放送

高橋畜産食肉 株式会社

昭和23年食肉卸売業として創業した高橋畜産食肉。現在は旅館、スーパーへの食肉卸と小売部門として元気市場たかはしを経営しています。特徴はなんと言っても、美味しいお肉がリーズナブルに食べられるという事。

その美味しさの秘密は仔牛生産から加工販売までを一貫して行っているので、美味しさや鮮度はもちろん、安心安全、そしてリーズナブルな牛肉を提供できるのです。

高橋畜産食肉では山形と宮城に6ヶ所の指定牧場を持っています。特に宮城県の川崎町と白石市にある2つの牧場の広さは2つあわせておよそ200ha。
なんと東京ドーム50個分です。
取り扱っている肉牛は黒毛和牛と黒毛和牛と乳牛のハーフの2種類。
1年間におよそ1500頭の生産量を誇ります。

高橋畜産食肉のオリジナルブランド牛が蔵王牛です。育てる上で、一番気を使うの肥料です。地元の稲藁と飼料米を使い、長年のノウハウを生かし、独自の配合で飼料を作ります。

次は牛肉のカット加工です。骨を抜いて肉の形を整える作業『脱骨整形』が行われ、注文に応じカットし、真空パックにして出荷します。
山形ビーフセンターでは安心安全な商品を届けるため、ISO22000を取得。
信頼ある牛肉を消費者へ提供しています。

また、ギフト商品の加工・発送を行っている蔵王高原ミートファクトリーではすべての行程が温度管理された衛生的な工場。鮮度が良いままスライス加工され、全国へ向けて発送されます。

高橋畜産食肉では小売部門として『元気市場たかはし』を運営しています。
市内に3店舗を展開し、牧場直送の新鮮な肉を提供しています。

オリジナルブランドの『蔵王牛』は赤身と脂身のバランスが良く、コクと深い味わいが特徴。これからの寒い時期は、すきやきなどが食卓を賑わせます。

高橋畜産食肉の創業当時から変わらないモットーがあります。それは『お客様の笑顔のために』。

これからも安心安全で美味しいお肉を届けていきます。

企業情報

山形市青田1—1—44
問/023-623-5658
http://www.zao-gyu.com/


クリックで拡大画像が見られます。