株式会社 ワイテック

東京に本社を構える株式会社京岡の製造部門として、昭和59年創業した新庄市のワイテック。

精密金型や生産ラインで使われる多様な治工具、検査装置や航空機分野など、世に出る製品の品質に大きく関わる部分の、生産を行っています。開発、設計、製造までの一貫した生産体制で、信頼ある製品をお客様に提供しています。

例えばパソコンのハードディスク。データを読み込む部分、いわゆる磁気ヘッドはスウェージフィクスチャー組立治工具を使わないと作れません。
こういった、普段は目につかない部品を作るための治工具を作るのがワイテックなのです。
また、画像処理による検査装置なども数多く製造。
主な取引先はアメリカや中国、タイなど国内外に製品を納めています。

開発した設計図を基に金属や樹脂を加工していきます。製品になるまでの部品も高精度且つ丁寧に製造していきます。部材をマシニングセンターで切削(せっさく)加工。研削盤(けんさくばん)では、砥石を使ってミクロン単位で高精度に仕上げます。
ワイヤーカットや放電加工など様々な工程を経て、部品が完成。その部品を組立てて、製品が完成し、最終検査を行います。

ワイテックでは平成19年、品質と環境の両面でISOを取得。その高い加工技術は県内外また海外の企業から高い評価を受けています。

また、ワイテックで最近力を入れているのが、航空宇宙産業分野です。

平成26年1月に磁気マーカー及び磁気探査装置を製造して特許を取得しました。製品名はPHS(パイロット・ホール・サーチングシステム)です。
ボーイング787の製造の時に使われている翼の表面材とフレームを結合する時に磁気の特性を生かして、目に見えない裏側の穴の位置を0.1ミリ以下の精度で探し当てるという装置。現在は、国産初のジェット旅客機MRJやボーイング777にも対応できるタイプを開発中です。

ワイテックでは新たに、航空宇宙産業で要求されるJISQ9100の認証取得に向け、高度な品質管理マネジメントシステムを構築に取り組んでいます。

2014年11月20日 放送

株式会社 ワイテック

東京に本社を構える株式会社京岡の製造部門として、昭和59年創業した新庄市のワイテック。

精密金型や生産ラインで使われる多様な治工具、検査装置や航空機分野など、世に出る製品の品質に大きく関わる部分の、生産を行っています。開発、設計、製造までの一貫した生産体制で、信頼ある製品をお客様に提供しています。

例えばパソコンのハードディスク。データを読み込む部分、いわゆる磁気ヘッドはスウェージフィクスチャー組立治工具を使わないと作れません。
こういった、普段は目につかない部品を作るための治工具を作るのがワイテックなのです。
また、画像処理による検査装置なども数多く製造。
主な取引先はアメリカや中国、タイなど国内外に製品を納めています。

開発した設計図を基に金属や樹脂を加工していきます。製品になるまでの部品も高精度且つ丁寧に製造していきます。部材をマシニングセンターで切削(せっさく)加工。研削盤(けんさくばん)では、砥石を使ってミクロン単位で高精度に仕上げます。
ワイヤーカットや放電加工など様々な工程を経て、部品が完成。その部品を組立てて、製品が完成し、最終検査を行います。

ワイテックでは平成19年、品質と環境の両面でISOを取得。その高い加工技術は県内外また海外の企業から高い評価を受けています。

また、ワイテックで最近力を入れているのが、航空宇宙産業分野です。

平成26年1月に磁気マーカー及び磁気探査装置を製造して特許を取得しました。製品名はPHS(パイロット・ホール・サーチングシステム)です。
ボーイング787の製造の時に使われている翼の表面材とフレームを結合する時に磁気の特性を生かして、目に見えない裏側の穴の位置を0.1ミリ以下の精度で探し当てるという装置。現在は、国産初のジェット旅客機MRJやボーイング777にも対応できるタイプを開発中です。

ワイテックでは新たに、航空宇宙産業で要求されるJISQ9100の認証取得に向け、高度な品質管理マネジメントシステムを構築に取り組んでいます。

企業情報

新庄市泉田4102-33
問/0233-25-2151
http://www.kyooka.co.jp


クリックで拡大画像が見られます。

株式会社 ワイテック

東京に本社を構える株式会社京岡の製造部門として、昭和59年創業した新庄市のワイテック。

精密金型や生産ラインで使われる多様な治工具、検査装置や航空機分野など、世に出る製品の品質に大きく関わる部分の、生産を行っています。開発、設計、製造までの一貫した生産体制で、信頼ある製品をお客様に提供しています。

例えばパソコンのハードディスク。データを読み込む部分、いわゆる磁気ヘッドはスウェージフィクスチャー組立治工具を使わないと作れません。
こういった、普段は目につかない部品を作るための治工具を作るのがワイテックなのです。
また、画像処理による検査装置なども数多く製造。
主な取引先はアメリカや中国、タイなど国内外に製品を納めています。

開発した設計図を基に金属や樹脂を加工していきます。製品になるまでの部品も高精度且つ丁寧に製造していきます。部材をマシニングセンターで切削(せっさく)加工。研削盤(けんさくばん)では、砥石を使ってミクロン単位で高精度に仕上げます。
ワイヤーカットや放電加工など様々な工程を経て、部品が完成。その部品を組立てて、製品が完成し、最終検査を行います。

ワイテックでは平成19年、品質と環境の両面でISOを取得。その高い加工技術は県内外また海外の企業から高い評価を受けています。

また、ワイテックで最近力を入れているのが、航空宇宙産業分野です。

平成26年1月に磁気マーカー及び磁気探査装置を製造して特許を取得しました。製品名はPHS(パイロット・ホール・サーチングシステム)です。
ボーイング787の製造の時に使われている翼の表面材とフレームを結合する時に磁気の特性を生かして、目に見えない裏側の穴の位置を0.1ミリ以下の精度で探し当てるという装置。現在は、国産初のジェット旅客機MRJやボーイング777にも対応できるタイプを開発中です。

ワイテックでは新たに、航空宇宙産業で要求されるJISQ9100の認証取得に向け、高度な品質管理マネジメントシステムを構築に取り組んでいます。

 放送

株式会社 ワイテック

東京に本社を構える株式会社京岡の製造部門として、昭和59年創業した新庄市のワイテック。

精密金型や生産ラインで使われる多様な治工具、検査装置や航空機分野など、世に出る製品の品質に大きく関わる部分の、生産を行っています。開発、設計、製造までの一貫した生産体制で、信頼ある製品をお客様に提供しています。

例えばパソコンのハードディスク。データを読み込む部分、いわゆる磁気ヘッドはスウェージフィクスチャー組立治工具を使わないと作れません。
こういった、普段は目につかない部品を作るための治工具を作るのがワイテックなのです。
また、画像処理による検査装置なども数多く製造。
主な取引先はアメリカや中国、タイなど国内外に製品を納めています。

開発した設計図を基に金属や樹脂を加工していきます。製品になるまでの部品も高精度且つ丁寧に製造していきます。部材をマシニングセンターで切削(せっさく)加工。研削盤(けんさくばん)では、砥石を使ってミクロン単位で高精度に仕上げます。
ワイヤーカットや放電加工など様々な工程を経て、部品が完成。その部品を組立てて、製品が完成し、最終検査を行います。

ワイテックでは平成19年、品質と環境の両面でISOを取得。その高い加工技術は県内外また海外の企業から高い評価を受けています。

また、ワイテックで最近力を入れているのが、航空宇宙産業分野です。

平成26年1月に磁気マーカー及び磁気探査装置を製造して特許を取得しました。製品名はPHS(パイロット・ホール・サーチングシステム)です。
ボーイング787の製造の時に使われている翼の表面材とフレームを結合する時に磁気の特性を生かして、目に見えない裏側の穴の位置を0.1ミリ以下の精度で探し当てるという装置。現在は、国産初のジェット旅客機MRJやボーイング777にも対応できるタイプを開発中です。

ワイテックでは新たに、航空宇宙産業で要求されるJISQ9100の認証取得に向け、高度な品質管理マネジメントシステムを構築に取り組んでいます。

企業情報

新庄市泉田4102-33
問/0233-25-2151
http://www.kyooka.co.jp


クリックで拡大画像が見られます。