山形県上映会「あの日のオルガン」
文部科学省特別選定 /
厚生労働省社会保障審議会推薦 /
児童福祉文化 /
平成30年度文化芸術振費助成
私たちは映画
「あの日のオルガン」を
通して 子どもの命と
平和の大切さを
山形県内すみずみに
広げたいと
願っています。

子どもの命と平和をテーマに、日本で初めての疎開保育園の史実を描いた映画「あの日のオルガン」 が最初の企画から36年の歳月を経て完成しました。
1944年(昭和19年)11月、空襲を避けるため、東京の戸越保育所(現・品川区)と愛育隣保館(現・ 墨田区)から、3歳~6歳の園児53名と11名の若き保母たちが、南埼玉郡平野村(現・蓮田市)の妙 楽寺をめざし、桶川駅から6.2kmの道のりを歩いて行きました。
いつ果てるとも知れない疎開先での生活は、子どもたちにとっても、また24時間保育を強いられる保 母たちにとっても過酷な毎日でした。それでも戦火から子どもたちの命を守ろうとした保母たちは、平 野村の人々たちに支えられて数々の困難を乗り越え、1945年(昭和20年)8月、53名すべての幼い命 を守り抜き、平和な時代へ送り出したのです。
映画化にあたっては、「母べえ」「小さいおうち」「母と暮せば」等山田洋次監督とのコンビで日本の良 心を描き続けてきた脚本家・平松恵美子さんがメガホンをとりました。
キャストは、ドラマ「コード・ブルー」「大恋愛~僕を忘れる君と」などで絶大な人気の戸田恵梨香さん と、シンガーソングライターとして若者に人気の大原櫻子さんがダブル主演。
他に朝ドラ「ひよっこ」の 時子役で一躍人気者になった佐久間由衣さん、堀田真由さん、三浦透子さんなど今後の日本映画界 を担う若手女優陣に加え、ベテランの夏川結衣さん、橋爪功さんなど多彩な顔ぶれが揃いました。
誰もが自分のことで精一杯だった時代、保母たちを突き動かしたものとは一体なんだったのでしょ うか?貧困の広がり、虐待やいじめ、競争社会のストレスなどで心に傷を負う子どもたちが増え、その 成長に赤信号が灯る今。
だからこそ、命を未来へ繋ごうと強い信念で時代を切り拓いていった保母たちの行動を描く「あの日 のオルガン」を通して子どもたちの命と平和の尊さを多くの県民に伝えていきたいと思います。
どうか趣旨にご理解とご賛同をいただき、県内の全市町村でのこの映画の上映をご計画ください。
そして、多くの県民の皆様に鑑賞を呼びかけて下さい。

映画「あの日のオルガン」を
観る会
呼びかけ人一同

山形県 映画
「あの日のオルガン」を観る会
呼びかけ人

呼 び か け 人

青木八栄子 山形県おやこ・子ども劇場協議会 事務局長
阿部 啓一 山形県保育関係団体連絡会 会長
安部 貴洋 山形県立米沢栄養大学 教授
井川 泉 テレビユー山形 代表取締役社長
大江 雅人 山形県保育協議会 会長
小久貫君代 映画「あの日のオルガン」市民プロデューサー
小久貫 登 映画「あの日のオルガン」市民プロデューサー
海和 宏子 日本保育協会山形県支部 支部長
金澤 和子 元中学校長
九里 廣志 山形県私立学校総連合会 会長
櫻井 敏弘 山形県私学をそだてる会 会長
佐々木正乗 山形県民間立保育園協議会 会長
下村 一彦 東北文教大学 准教授
白石 祥和 特定非営利活動法人 with優 代表
髙木 直 山形県学童保育連絡協議会 会長
髙橋 千藏 山形県遺族会 会長
中鉢 祐子 山形県子ども未来連絡会 会長
松田 知明 羽陽学園短期大学 教授
渡邉 裕子 紙ふうせんの会 代表
(50音順、敬称略)

後  援

社会福祉法人 恩賜財団母子愛育会
公益社団法人 全国私立保育園連盟
社会福祉法人 日本保育協会
全日本私立幼稚園連合会
東京都私立幼稚園連合会
全国認定子ども園協会
公益社団法人 全国幼児教育研究協会
一般社団法人 全国保育士育成協議会
日本子ども子育て支援センター連絡協議会
公益社団法人 日本仏教保育協会
一般財団法人 日本遺族会
全国保育団体連絡会
全国保育問題研究協議会
日本更生保護女性連盟
全日本民主医療機関連合会
東京都品川区
東京都新宿区
埼玉県蓮田市

山形県
山形県教育委員会
社会福祉法人 山形県社会福祉協議会
山形県保育協議会
山形県民間立保育園協議会
社会福祉法人 日本保育協会山形県支部
公益社団法人 山形県私立学校総連合会
一般財団法人 山形県遺族会
一般社団法人 山形県老人クラブ連合会
山形県婦人連盟
山形県更生保護女性連盟
山形県生活協同組合連合会
山形県立米沢栄養大学
東北文教大学
羽陽学園短期大学
山形県保育関係団体連絡会
山形保育問題研究会
山形県子ども未来連絡会
山形県学童保育連絡協議会
山形県私学をそだてる会
山形県おやこ・子ども劇場協議会
おやこ映画の会 カンガルーのポケット
特定非営利活動法人 with優




子どもたちの命と平和の大切さを伝える
上映の輪があなたの街にもひろがりますように。

上映会のしくみ

開催方法 市町村ごとにたくさんの方にご覧いただけるよう上映会を企画してください。
実行委員会形式や単独団体主催など、主催のかたちはご相談に応じます。
上映期間
対象
2019年7月~2020年3月 県内全市町村
鑑賞料金 【前売券】
一般・シニア・大学生 1,100円


※前売券のお求めは、各実行委員会または県内ヤマザワ各店宝くじ夢売り場まで。

【当日券】
一般・シニア 1,500円
大学生 1,300円 / 小中高生 800円


※劇場上映の場合、当日料金は劇場料金に準じます。
上映経費 上映会に必要な経費は、映画「あの日のオルガン」を観る会事務局が 責任を持ちます。
上映協力金 各市町村上映会で売り上げた前売券・当日券総額の5%を各市町村ごとに上映主催者様(上映実行委員会など)に還元します。
お申し込み
方法

お問い合わせ
映画「あの日のオルガン」を観る会事務局へお申し込みください。
また、どうしたらいいのか迷ったら是非ご相談ください。

映画「あの日のオルガン」を観る会 事務局
TEL. 022-225-0986
FAX. 022-268-5264
e-mail sendai@cinema-tohoku.co.jp
(シネマとうほく内)



映画「あの日のオルガン」山形県上映会
スケジュール
(9月30日現在)

尾花沢市

10月19日(土)尾花沢市文化体育施設サルナートコンベンションホール
10:00 13:00 19:00
映画「あの日のオルガン」をみんなで観っぺの会 TEL 0237-22-1292(事務局)

鶴岡市

11月8日~14日 鶴岡まちなかキネマ
(上映期間ならびに時間は、直接お問い合わせください)
鶴岡まちなかキネマ TEL 0235-35-1228
http://www.machikine.co.jp

鶴岡市

11月15日~21日 鶴岡まちなかキネマ
(上映期間ならびに時間は、直接お問い合わせください)
映画「あの日のオルガン」鶴岡市上映実行委員会 TEL 0235-24-7164
http://www.machikine.co.jp

上山市

11月24日(日)三友エンジニア体育文化センター
10:30 13:30
一般財団法人上山市体育・文化振興公社 TEL 0236-73-2288

村山市

12月13日(金)・14日(土)村山市民会館 小ホール
13日 10:30 13:30 16:00 18:30 14日 10:30 13:30 18:30
TEL 0237-55-3904/090-1378-8587(事務局)

新庄市

1月18日(土)新庄市民プラザ 大ホール
10:30 13:30 16:30
最上地区みんなで子育て応援団 0233-29-1245

河北町

2月22日(土)河北町総合文化センター サハトべにばな
10:30 13:30 18:00
ご・ざぁーれ広場 0237-84-1415


チケットについて

【前売券】
一般・シニア・大学生 1,100円


※前売券のお求めは、各実行委員会または県内ヤマザワ各店宝くじ夢売り場まで。

【当日券】
一般・シニア 1,500円
大学生 1,300円 / 小中高生 800円


※劇場上映の場合、当日料金は劇場料金に準じます。

○チケット1枚につき、お一人様一回のみご利用になれます。
○満席の場合は、別の時間にお回りいただく場合がございます。
○チケットは、2020年3月末までの山形県内の上映会場にかぎり有効です。
○チケットは上記上映会場の他の上映会場でもご利用になれます。

映画「あの日のオルガン」を観る会 事務局
TEL 022-225-0986(シネマほうとく内)

ホームページ http://www.tuy.co.jp/organ