お出かけプロデュース

各市町村ごと1日かけて楽しむお出かけプランをプロデュース! 見どころ、食べどころ、遊びどころを「お出かけ時計」でご紹介。旬な情報をお届けします!

バックナンバー

お出かけプロデュース 南陽市編2014/9/6 放送

体験二人乗りフライト

内容

まずは南陽市の空で遊んじゃおう!
ということで挑戦したのは“パラグライダー”。
十分一山は、標高が低く、天候の影響などが比較的少ないためチャレンジが多くできるのが魅力。
冬でも穏やかな時があるため、季節を問わずできる。
1回のフライトはおよそ15分~20分ぐらい。
インストラクターに操縦をしてもらいながら一緒に楽しむ体験二人乗りフライト(タンデムフライト)は、初心者の方での気軽に楽しむことができる。

南陽市の空で空中散歩を楽しもう♪

取材先データ

■体験二人乗りフライト
南陽市椚塚1970-4 (ソアリングシステム)
料/1フライト 8,460円(保険料込)
休/木曜日
問/0238-40-2149

凍みもち

今回の旬の食材は“凍みもち”。
雪深い地域で昔から食べられている伝統食。
朝日町水本地区では、1月から3月までの冬期間
地元のお母さんたちによる凍みもち作りが行われている。
そんな凍みもちを美味しく食べるのに最適なのが、
甘じょっパイ醤油ダレをからめた油菓子!!

今回は、ちょっぴりアレンジを加え磯辺揚げ風をご紹介♪

★凍みもちの磯辺揚げ (16枚分) 
≪材料≫
・凍みもち  16枚
・しょうゆ   50cc
・みりん   180cc
・砂糖   200g
・のり    適量
・油    適量

≪作り方≫
①まずはタレ作り。
 鍋にみりん、砂糖を入れ、最後に醤油を入れたら完成。
②油を熱した鍋で凍みもちを揚げる。
③油きりした凍みもちをタレの鍋にいれお好みの時間からめる。
④からめ終えた凍みもちを鍋から取り出して少し冷ます。
⑤のりをまいたら完成!いただきます!

凍みもちの油菓子は、朝日町内の道の駅で買うことができる。
山形市内ではJR山形駅や七日町の紅の蔵などでも扱っている。

加工していない凍み餅の状態のものは、3月ぐらいになると
朝日町内や大江町内の一部お店で出会える可能あり。

ぜひ地元に根付いた伝統食、味わってくださいね♪