おじゃまん中継!

どよまんリポーターが県内の様々なスポットから番組ならではの切り口でイチオシの情報をお届け!

バックナンバー

2020/09/05 放送

東根市・黒鳥観音

内容

黒鳥観音のお堂には、
ご本尊は十一面観世音菩薩や、
最上三十三観音のお札もびっしりと張られている。

壁、天井にまで、一面に飾られているのが、「ムカサリ絵馬」

ムカサリ絵馬とは、若くして亡くなった息子や娘のための、
あの世での結婚式を描いた絵馬の事を言う。
似たようなものでは青森県にあったり、世界に目を向けると
台湾や韓国にも冥婚という風習がある。
ムカサリ絵馬の信仰は江戸時代からとされていて、
天童市の若松寺から始まったとされている。

亡くなられたご本人以外は、すべて架空の人物が描かれている。
単なる絵馬ではなくて、魂が込められている、
そういったものがムカサリ絵馬であると言えるそうです。