第296回番組審議会

日時
令和元年9月12日(木)午後1時30分~
場所
TUY放送センター
出席委員
結城章夫(委員長/東根市)、佐藤利右衞門(副委員長/山形市)、
加藤 聡(酒田市)、遠藤凉一(山形市)、稲毛健一(上山市)、
梅津陽一郎(高畠町)、児玉千賀子(山形市)、矢野秀弥(山形市)
TUY側
井川 泉  代表取締役社長
那須 浩二 取締役総務局長
齋藤 雅俊 取締役報道制作局長 
横井千代志 編成局長兼番組審議会事務局長
事務局:松田
対象番組
放送全般
①TBSのネット番組についての意見・提言・質問など
②最近のテレビ番組についての感想・意見など
③その他

各委員からの意見

①TBSのネット番組についての意見・提言・質問など
●日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」について。
 ・久しぶりに次回も必ず観なければと思わせる番組。池井戸さんの原作は骨太で、会社内での戦いや家庭内の妻と夫の関係など興味をそそられる。
 ・ラグビーのルールや戦術に関する内容もあり、ワールドカップを前にラグビー人気の盛り上げに一役買っていた。
 ・池井戸さんの原作は裏切りやいじめられるシーンが続き、ストレスがたまってみていられない。
●「サンデーモーニング」について。
 ・毎週みている。関口さんの飄々とした姿が良い。構成が面白く、「風をよむ」のコーナーも良い。
 ・コメンテーターの人選が良い。多岐にわたるジャンルで、実践経験のある方が的確な発言をしている。
 ・スポーツコーナーの張本さんが、高校野球に対してコメントした内容が時代にそぐわないと感じた。もっと冷静な発言を期待したい。
●「S☆1」では、野村克也さんのコメントが面白い。
●「あさチャン!」「ビビット」「ひるおび!」と、情報番組では連日同じテーマを同じフリップを使って取り上げている。毎日みていると視聴者も飽きるのではないか。

②最近のテレビ番組についての感想・意見など
●日韓関係が極めて険悪な状況になっているが、お互い引っ越しができない隣国である。嫌韓感情を煽るような番組作りにならないよう、冷静で客観的な報道姿勢に徹してほしい。
●バラエティ番組が多すぎる一方で音楽番組が減っている。ヒットチャートだけでない、文化的な側面から、様々な音楽番組を制作してほしい。
●セクシャルマイノリティーの方に関する話題が多い。多様性を尊重することは当然だが、ドラマや映画など取り上げる機会が多すぎるのではないか。まだ本質がわかっていな子どもたちへの影響を危惧する。

次回予定

日時 : 10月10日(木)午後1時30分~
会場 : TUY放送センター 

対象番組

「ローカル魂 原始の山をゆく~朝日連峰大縦走~」
 令和元年9月11日(水)午後7時~7時54分放送

番組審議会TOPへ

第296回