隠れたこだわり

投稿日:2019年10月4日  作成者:結城 晃一郎

ラグビーワールドカップ、皆さんは楽しんでいるかい!?連日世界トップレベルの試合が展開され、これまで興味がなかった人たちもラグビーの魅力に気が付いた様子。すばらしい!!

ところで・・・そんなラグビーワルドカップに関連した「隠れたこだわり」にも気が付いているだろうか?

まずは、コレ!!

2C0A6EA9-F252-42B2-A8BA-2C27C34E055A

※Photo-k.yuuki

・・・うしろにあるカレンダーは気にしないでおいてもらって・・・。これはラグビー日本代表のジャージ!

サッカーフリークの弟が「ラグビーめっちゃかっけーじゃん!!」と勢いにまかせて買った一着。で、このジャージにはよーく見ると分かる模様があるのだ。

B2F74E13-8A02-462E-A976-605B92214DE8

※Photo-k.yuuki

胸の桜模様が立体的なのもかっこいい!が、注目はジャージの地の部分。なんと伝統的な「和模様」が隠されていたのだ!桜の戦士たちは、日本の伝統を身に着けて戦っているんですね。

そして・・・

B9F79E2E-0A8E-421E-81FC-A6130698DAE6

※Photo-Team photographer

こちらはアイルランド代表のジャージ。

国際試合の際、ジャージには対戦相手や日付、選手名などが記される。写真をよーく見てみると・・・なんと、アルファベットで刺しゅうされた選手名の下に、さらに「ジョーディー・マーフィー」とカタカナで刺しゅうが!

このこだわりは素敵。ワールドカップ・ジャパンの記念であり、日本への敬意も感じられる。あえて目立たない緑で刺しゅうされているのも実に粋(いき)である!

F4F3733B-5A13-4FAF-B6D2-0DF25C76E347

※Photo-Team photographer

で、こちらはそんなアイルランド代表を迎えたスタジアムのゲート。日本も、選手たちを最高の敬意で迎えているのだ。

さて。明日は日本とサモアの試合だ!!

4141EB16-39A8-47D3-ABD3-19F0EB093FDC

※Photo by World Rugby via Getty Images

試合前のサモアの儀式「シバ・タウ」にも注目。これは勝負に挑む自分たちを鼓舞するとともに、戦う相手への尊敬の意味も込められているそう。対戦相手もまた、彼らの儀式を一列に並んで見届ける。

まだまだ続くラグビーワールドカップ。試合以外のこだわりにも興味を持ちつつ楽しみましょう!!

結城晃一郎

 

一番難しいなぁ・・・!

投稿日:2019年10月1日  作成者:結城 晃一郎

めちゃくちゃ盛り上がっているラグビーワルドカップ。日本代表がアイルランド代表を撃破し、にわかラグビーファンが急増殖中!!すばらしい!!!

742830A8-2C69-4621-B6DF-106121FE1CA5

新聞各紙も一面が「衝撃」「金星」「万歳」と絶賛の雨あられ。まぁそのくらいすごいことをやってのけたのは事実で。見ていた僕も本当に鳥肌が立った。

でもこの結果を導き出しの物は何だったのか。試合前の一枚の写真を見てほしい。

39769B3F-85B6-4AFB-BD8D-95998BD5EB03

※Photo by Clive Rose-World Rugby via Getty Images

アイルランド戦を控えた日本のロッカールームの一枚である。選手たちのジャージがかけられ、出陣の時を待っている。一番右にあるのは、この試合背番号20となった日本の主将、リーチ・マイケル選手のロッカーである。

ちょっとズームインしてみよう。

B00A3AC7-ABAF-497D-A172-F02F7480349C

※Photo by Clive Rose-World Rugby via Getty Images

リーチ選手の写真の上に文字が見える。実は、ロッカーには試合でのテーマがひとり一人書かれているのだという。この日のリーチのロッカーには「ボールキャリー 意思を見せる」「ブレイクダウン ダメージを与える」「DO MY JOB」の3つが掲げられていた。

この3つのテーマを踏まえて改めてアイルランド戦を思い出すと、リーチ選手のプレーには意思があり、相手には接点でダメージを与え、しっかりと仕事をこなしていた。まさにテーマが生きた、すばらしいプレーをしていたと思う。

でも、これって一番難しいなぁ・・・!

テーマを持ちしっかり成果を出す。簡単なことではない。でも確かに結果には理由があったのだと改めて思うのだ。

僕にはきっとでき・・・(^^;

さて、まだまだ熱い展開になりそうなラグビーワールドカップ。日本の次の相手はサモア!サモアは山形で事前キャンプを張っていたし、思い入れのある方もいるはず。この試合も見逃せない!

結城晃一郎

 

やってみなきゃ、わからない。

投稿日:2019年9月30日  作成者:結城 晃一郎

ラグビーワールドカップ。連日の試合は感動の連続!肉弾戦の迫力、トライの爽快感、何よりノーサイドの精神が見る人の心を打っている。

409F2561-0C3A-4BE7-A0B5-9038152A7EA3

そして今、日本を熱気で包んでいるのは、日本がアイルランドを撃破したこと!世界ランク2位のアイルランドを倒したことは、驚きであり衝撃。世界中のスポーツフリークが興奮する「番狂わせ」と受けとめられた。

試合後、ゴールキックを着実に決め、勝利に貢献したスタンドオフの田村選手がインタビューに答えた。

「全部プランうまくいきましたけど、僕たちは1週間、信じて、アイルランドに勝つって信じて、準備してました」

「試合前、ジェイミーが5行の俳句を詠んでくれて…」(※ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ)「誰も勝つと思ってないし、誰も接戦になるとも思ってないし、僕らがこんなに犠牲にしてきたかもわからないし、信じているのは僕たちだけっていうメッセージがあって。その通りになったと思います」

田村選手のインタビューを聞いた直後、勝利に浮かれていた僕は、少し冷静になり、選手たちに詫びた。

アイルランド戦の前、勝てると思っていた人はどれほどいただろう。正直に言うと、僕は勝てるとは思っていなかった。ボーナスポイントをいかにして取るか、などと考えていた。

しかし桜の戦士たちは違ったのだ。

勝負はやってみなきゃ、わからない。

あのゲームから、たくさんの人が教えてもらったに違いない。

最後に。世界中が「番狂わせ」とした日本の勝利。あえて言わせてもらいたい。ラグビーは実力差が如実に出る競技。選手はもちろん、日本はたくさんの人たちの努力と想いがあって、今ラグビー強国になりつつある!!

引き続き、ラグビーワールドカップを楽しみたい。

がんばれ、ニッポン!!

結城晃一郎