31年ぶりの復活!!#2

投稿日:2019年12月26日  作成者:結城 晃一郎

布袋のライヴは独特。本人が常に言うように「宇宙一のロックンロール・ショー」だと僕も思います。

そう思う理由は・・・とにかくアクロバティックなのです。曲自体はハードロックな訳ではなく、どこか懐かしさを湛えたポップス調のロック。

だが布袋がすごいのは、ギターを弾きながら歌ってしまうところ!

しかもエフェクターという音色を変える機械を足で操作しながら。

想像してみてください。自分が歌う際、歌に、歌詞に集中していますよね。ギターを弾く際はギター演奏に集中するのが精いっぱいという人がほとんどのはず。

が、布袋はその両方をやってしまう。しかも一本のライヴで20曲以上もの数を完璧にこなすのです。(レパートリーはもちろん100曲単位だろうけど)

さらに、ギターソロは圧巻。自由自在に子どもが遊ぶように既定路線を外れ、かと思えば軽やかに戻ってくる様は見事としか言いようがありません。。。!

7B851D4A-A185-4224-B3D4-5E6302928855

ギターという楽器のすごさ、すばらしさを体感できるテクニックの数々に、とにかく驚き癒される体験ができるのです。一度行けばまた行きたくなる、そんなステージです。

さて。音色のすごさをコトバで伝えることに行き詰ったところで・・・(苦笑)

およそ2時間のライヴが終わり、オーディエンスからの「アンコール!」「ホテイ!」の声に応えるようにステージに再び姿を現した布袋から、驚きの言葉が!

「今日はクリスマス・イヴ!僕から最高のプレゼントがあります!」

そして、伝説となるアンコールがはじまるのです!

結城晃一郎