歯車

投稿日:2012年12月26日  作成者:結城 晃一郎

歯車。歯が付いていて回るもの。お互いの力を伝えあう伝達車。

僕は文系のくせに機械が好きです。物を言わず、もくもくとしっかりと確実に仕事をする様子に憧れます。きっと僕が人一倍おしゃべりで、どうしようもなく浮ついたヤツだからでしょう(苦笑)

先日、常々お世話になっている時計屋さんにうかがいました。時計屋といっても時計の販売が主の店ではありません。修理がメインの工房です。

そこで、こんな物を見てゾクっとしました。

素敵でしょう!(^^) 美しいでしょう!!(^^)(^^) 大きな掛け時計の機械部分です。横から覗いたところです。

左側に見える鎖の下には分銅があり、その重さが歯車を動かします。その力がいくつもの歯車を経て右側の振り子の部分まで伝わり、時を刻む動きへと変換される・・・マジ、うつくしぃーっす!!過不足ない芸術っす!!!

歯車」っていう言葉に、あまりいい印象はないかもしれません。「社会の歯車」とか「俺は歯車」とか言うのってたいがいネガティブな時ですもんねぇ。。。

でもこういう機械を見て感じるのは・・・間違いなく歯車には役割があり、そこに存在しなければ全体に影響するんだってこと。

どんな仕事でも「自分じゃなきゃできない」なんて事はありはしません。何だって誰だって代わりはいるし世の中は動いていきます。けど仕事を任されている瞬間は、間違いなく自分の存在が全体に影響しているはず!だったら、今自分がいる場所で、楽しくプライドを持ってやってみよう!!

もう一度機械を見てみてください。

しっかり全体が動いている機械は、歯車一つひとつがピッカピカに輝いていました!

みなさん、今年もあと少し。頑張っていきましょう!!