株式会社 スペースパーツ山形

スペースパーツ山形は、平成7年に住友林業の指定工場として創業。現在は、木材加工業として東北を中心に北関東まで、優れた加工技術で、多くの建設業者と 取引を行っています。
一般住宅用の木材のプレカット加工を主に行っています。
縦横5メートル、25立方メートルの木材で、平均的な住宅1軒分の木材になり ます。20年ほど前までは、現場で大工さんが、木材の加工を行うのがほとんどでしたが、工期短縮や現場で機械を使う事での騒音問題等の解決策として、現在 では、工場で木材の骨組みの加工を行うのが主流になっています。

屋根やはり、柱、床板などホゾやカマ手などの複雑な継手も加工するため、現場では、組み立 てるだけで、木の加工をほとんど行わない為、端材やおがくず等ゴミが少ないのも大きな特徴です。またCADと連動したコンピュータ制御、CAMシステムで 構造図通りに高精度に加工し、品質にバラツキが無く、耐震性や耐久性など強度に優れ、建物の修復や改築も容易です。

また、建材や建具、外壁、水回り、住宅 設備機器の販売や施工、リフォームなど、住宅に関する事なら注文があれば何でも行う住まいのトータルパートナーを目指しています。2014年2月には新工 場もオープン、これまでのプレカット加工に加え在来軸組工法を補うために開発された接合金物を使った『テックワン』という建築木材の加工も行っています。

東日本大震災以降、復旧や復興に向けた建築資材の需要の増加や復興工事の遅れが懸念され、全国的に大工職人の不足が叫ばれていますが、接合金物を使った工 法は、作業効率も良く、施工もより容易に行えるため、復旧、復興工事の切り札として期待が高まっています。

2014年3月6日 放送

株式会社 スペースパーツ山形

スペースパーツ山形は、平成7年に住友林業の指定工場として創業。現在は、木材加工業として東北を中心に北関東まで、優れた加工技術で、多くの建設業者と 取引を行っています。
一般住宅用の木材のプレカット加工を主に行っています。
縦横5メートル、25立方メートルの木材で、平均的な住宅1軒分の木材になり ます。20年ほど前までは、現場で大工さんが、木材の加工を行うのがほとんどでしたが、工期短縮や現場で機械を使う事での騒音問題等の解決策として、現在 では、工場で木材の骨組みの加工を行うのが主流になっています。

屋根やはり、柱、床板などホゾやカマ手などの複雑な継手も加工するため、現場では、組み立 てるだけで、木の加工をほとんど行わない為、端材やおがくず等ゴミが少ないのも大きな特徴です。またCADと連動したコンピュータ制御、CAMシステムで 構造図通りに高精度に加工し、品質にバラツキが無く、耐震性や耐久性など強度に優れ、建物の修復や改築も容易です。

また、建材や建具、外壁、水回り、住宅 設備機器の販売や施工、リフォームなど、住宅に関する事なら注文があれば何でも行う住まいのトータルパートナーを目指しています。2014年2月には新工 場もオープン、これまでのプレカット加工に加え在来軸組工法を補うために開発された接合金物を使った『テックワン』という建築木材の加工も行っています。

東日本大震災以降、復旧や復興に向けた建築資材の需要の増加や復興工事の遅れが懸念され、全国的に大工職人の不足が叫ばれていますが、接合金物を使った工 法は、作業効率も良く、施工もより容易に行えるため、復旧、復興工事の切り札として期待が高まっています。

企業情報

山形県寒河江市中央工業団地155-6
電話0237-83-3000
http://www.sp-yamagata.co.jp/


クリックで拡大画像が見られます。

株式会社 スペースパーツ山形

スペースパーツ山形は、平成7年に住友林業の指定工場として創業。現在は、木材加工業として東北を中心に北関東まで、優れた加工技術で、多くの建設業者と 取引を行っています。
一般住宅用の木材のプレカット加工を主に行っています。
縦横5メートル、25立方メートルの木材で、平均的な住宅1軒分の木材になり ます。20年ほど前までは、現場で大工さんが、木材の加工を行うのがほとんどでしたが、工期短縮や現場で機械を使う事での騒音問題等の解決策として、現在 では、工場で木材の骨組みの加工を行うのが主流になっています。

屋根やはり、柱、床板などホゾやカマ手などの複雑な継手も加工するため、現場では、組み立 てるだけで、木の加工をほとんど行わない為、端材やおがくず等ゴミが少ないのも大きな特徴です。またCADと連動したコンピュータ制御、CAMシステムで 構造図通りに高精度に加工し、品質にバラツキが無く、耐震性や耐久性など強度に優れ、建物の修復や改築も容易です。

また、建材や建具、外壁、水回り、住宅 設備機器の販売や施工、リフォームなど、住宅に関する事なら注文があれば何でも行う住まいのトータルパートナーを目指しています。2014年2月には新工 場もオープン、これまでのプレカット加工に加え在来軸組工法を補うために開発された接合金物を使った『テックワン』という建築木材の加工も行っています。

東日本大震災以降、復旧や復興に向けた建築資材の需要の増加や復興工事の遅れが懸念され、全国的に大工職人の不足が叫ばれていますが、接合金物を使った工 法は、作業効率も良く、施工もより容易に行えるため、復旧、復興工事の切り札として期待が高まっています。

 放送

株式会社 スペースパーツ山形

スペースパーツ山形は、平成7年に住友林業の指定工場として創業。現在は、木材加工業として東北を中心に北関東まで、優れた加工技術で、多くの建設業者と 取引を行っています。
一般住宅用の木材のプレカット加工を主に行っています。
縦横5メートル、25立方メートルの木材で、平均的な住宅1軒分の木材になり ます。20年ほど前までは、現場で大工さんが、木材の加工を行うのがほとんどでしたが、工期短縮や現場で機械を使う事での騒音問題等の解決策として、現在 では、工場で木材の骨組みの加工を行うのが主流になっています。

屋根やはり、柱、床板などホゾやカマ手などの複雑な継手も加工するため、現場では、組み立 てるだけで、木の加工をほとんど行わない為、端材やおがくず等ゴミが少ないのも大きな特徴です。またCADと連動したコンピュータ制御、CAMシステムで 構造図通りに高精度に加工し、品質にバラツキが無く、耐震性や耐久性など強度に優れ、建物の修復や改築も容易です。

また、建材や建具、外壁、水回り、住宅 設備機器の販売や施工、リフォームなど、住宅に関する事なら注文があれば何でも行う住まいのトータルパートナーを目指しています。2014年2月には新工 場もオープン、これまでのプレカット加工に加え在来軸組工法を補うために開発された接合金物を使った『テックワン』という建築木材の加工も行っています。

東日本大震災以降、復旧や復興に向けた建築資材の需要の増加や復興工事の遅れが懸念され、全国的に大工職人の不足が叫ばれていますが、接合金物を使った工 法は、作業効率も良く、施工もより容易に行えるため、復旧、復興工事の切り札として期待が高まっています。

企業情報

山形県寒河江市中央工業団地155-6
電話0237-83-3000
http://www.sp-yamagata.co.jp/


クリックで拡大画像が見られます。