ワクワクWORK

アナウンサーがガチンコで様々な仕事を体験するコーナー。
製造業・ショップ店員・農作業など知っていそうで知らない仕事を1日体験。
どんなに辛くても、挫けそうになってもスタッフは助けません。
リポーターが自ら考え克服していきます。

バックナンバー

2019/03/23 放送

畳店のお仕事

内容

お仕事の舞台は、寒河江市にある鏡畳店。
創業103年を迎える老舗です。
畳床、畳表、へりの3つの構造でなる畳。
畳床はわら、畳表はい草を使用することから、
鏡畳店では畳のことを農産物として大切に扱っている。

【仕事1:畳表の裁断】
畳は部屋の大きさに合わせオーダーメイドで作られている。
材料のほとんどが自然素材なため、細やかなサイズ調整が必要。

【仕事2:掃除】
畳表の裁断で出た切れ端など、作業場の床をきれいに掃き掃除。

【仕事3:納品】
納品運びはもちろん手で。
職人の思いが詰まったお客さんの大切な畳。
重さに負けず責任をもって運ぶ。

日本人なら誰もが感じるであろう畳への愛着。
しかし、暮らしの変化とともにその需要は減ってきているんだとか…
だからこそ鏡畳店では、新たな畳の可能性を追求!
い草をユニークな形に加工したいぐさロールや、
誰でも気軽に空間をアレンジできるような4分の1サイズの畳など、
畳により触れたくなるようなアイテムを開発している。

畳は日本人の心のふるさと。
これからもそのぬくもりを大切にしたい、そう感じました。

取材先データ

■鏡畳店
寒河江市中央工業団地64
問/0237-86-5063