ワクワクWORK

アナウンサーがガチンコで様々な仕事を体験するコーナー。
製造業・ショップ店員・農作業など知っていそうで知らない仕事を1日体験。
どんなに辛くても、挫けそうになってもスタッフは助けません。
リポーターが自ら考え克服していきます。

バックナンバー

2018/06/30 放送

山形県立博物館

内容

今回挑戦するのは、山形県の知の宝庫!
山形市の霞城公園内にある山形県立博物館。
国宝「縄文の女神」や、世界で一体しか見つかっていない
山形県指定天然記念物「ヤマガタダイカイギュウ」の化石など
6部門にわたり貴重な資料が展示・収蔵されています。

【仕事1:標本の整理】
地学収蔵庫で保管されている標本の整理。
研究対象となる標本はデータが命!
化石の数はおよそ9000種類!岩石・鉱物の数は3000種類にものぼる。

【仕事2:レプリカの製作】
9月に開催する企画展で使用されるカイギュウの肩甲骨のレプリカの製作。
訪れた人が楽しく、分かりやすく学べるように工夫する。

【仕事3:化石のデータ化】
化石をいろいろな角度から撮影。
その写真のデータをパソコンに取り込むことでデータを作ることができる。

【仕事4:小学生に解説】
国宝縄文の女神について、見学に訪れた小学生たちに説明。
解説のポイントは、わかりやすく!簡潔に!

【仕事5:化石探し】
さらなる生物の進化の秘密を解き明かすかもしれない大切な作業。
化石はできるだけ完全体の状態のもの採集できるよう細心の注意をはらって!

博物館で楽しくわかりやすく学べるのは、影の見えないところで
様々な工夫や企画を考えてくれている皆さんの努力があるからこそ。
夏休みの自由研究にもぴったりな化石の採集!
山形県立博物館ではイベントも開催しています。
ぜひお問い合わせみてね。

取材先データ

■山形県立博物館
山形市霞城町1番8号(霞城公園内)
問/023-645-1111