ワクワクWORK

アナウンサーがガチンコで様々な仕事を体験するコーナー。
製造業・ショップ店員・農作業など知っていそうで知らない仕事を1日体験。
どんなに辛くても、挫けそうになってもスタッフは助けません。
リポーターが自ら考え克服していきます。

バックナンバー

2017/10/14 放送

お花屋さんのお仕事

内容

今回の挑戦するお仕事は、女の子憧れのお仕事“お花屋さん”。
今年で37年目、お父さんとお母さん、そして娘の3人でお店をきりもりする
アットホームはお花屋さん、花の店“ジョアン”がお仕事の舞台。

【仕事1:コーヒータイム】
朝一のお仕事は、まずリラックスすることから。
このやわらかい時間が、いいアイディアをうみだす事につながる。

【仕事2:仕入れ】
仕入れに向かったのは山形生花地方卸売市場。
プロの目利きによってお客さんからの注文をふまえながら、質のいい花を仕入れていく。

【仕事3:水あげ】
余分な葉を落とし、新鮮な水を与えることで花を長持ちさせる。
切った茎の先を熱湯に5秒ほどつけることで、より花がイキイキする。

【仕事4:バケツ洗い】
店頭に並ぶおよそお20個のバケツを水洗い。
花が綺麗に咲き続けられるよう一つ一つ磨く。

【仕事5:お花のディスプレイ】
店頭に花を並べる。
花を並べるエリアを一つの花束に見立て、バランスを見て並べていく。

【仕事6:商品の配達】
花屋の仕事は店の中だけではない。注文をいただいた商品の配達や、定期的な飾りつけも。
フラワーアレンジメントもジョアンの人気分野の一つ!

【仕事7:バラのとげとり】
一人の男性が大切な女性へ贈るプロポーズ用の108本の赤いバラの花束。
その赤いバラのとげとり。愛情こめて一本一本丁寧にとげをとる。

どんな小さい花束でも大きな花束でも、そこにはそれぞれの想いが詰まっている。
だからこそ、一つ一つ決して手を抜かない。
花を愛する、そしてお客さんを愛するジョアンのみなさんの姿が印象的でした。
みなさんも大切な人を思いながら、その気持ちを花束に託して贈ってみませんか。

取材先データ

■花の店 ジョアン
山形市城南町3-4-18
営/午前9時30分~午後8時
問/023-644-3370