第291回番組審議会

日時
平成31年2月21日(木)午後1時30分~
場所
TUY放送センター
出席委員
結城章夫(委員長/東根市)、佐藤利右衞門(副委員長/山形市)、
加藤 聡(酒田市)、遠藤凉一(山形市)、稲毛健一(上山市)、
梅津陽一郎(高畠町)、國井美保(鶴岡市)、児玉千賀子(山形市)、
矢野秀弥(山形市)
TUY側
井川 泉    代表取締役社長
那須 浩二   取締役総務局長
齋藤 雅俊 取締役報道制作局長 
横井千代志 編成局長兼番組審議会事務局長
佐藤 義亀 報道制作局専任局長兼番組統括プロデューサー
高橋賢一郎 番組ディレクター(株式会社テックス)
事務局:松田
対象番組
2月13日(水)午後7時~7時54分放送
「山形麺遊記7 ~人が織りなすコク旨味~」
毎年恒例の人気シリーズ第7弾。
全国的にも注目される「山形のラーメン」。「豚ガラ」「鶏ガラ」に加え、「土地柄」「人柄」が極上のラーメンを生み出す。
今回は、山形市、米沢市、長井市、鶴岡市の4店を取り上げ、ご主人のラーメンにかける愛情や、代々受け継ぐ店の歴史など、人が織りなす旨さの秘密に迫った。

各委員からの意見

●地域から長く愛されている歴史ある店と、新しい店をバランスよく取り上げていてよかった。
●ラーメンの紹介にとどまらず、丁寧な奥深い取材でそれぞれの店の秘話などが紹介されストーリー性のある面白い番組になっていた。
●オープニングは、ラーメンから立ち上がる湯気と、雰囲気を盛り上げるナレーション、それに燃え上がるようなCGを効果的に使っていて、ワクワク感が伝わってきた。
●ラーメンを美しく撮影していてよかった。麺のアップのシーンがとてもきれいだった。
●紹介した店を最後にまとめて紹介する「おさらい」のコーナーは、電話番号が太字の赤で表記された他、ラーメンの映像、地図、外観がコンパクトにまとめられていて、とても見やすかった。
●鈴木アナウンサーのナレーションがとても聞きやすく、安心感があった。
●ラーメン評論家の本谷亜紀さんのコメントが物足りなかった。もう少し、プロとしての専門的なコメントがほしかった。
●「人柄」の演出なのか、看板娘が歌を披露するシーンなど、少し余計な部分があったと感じた。

次回予定

第292回番組審議会
4月18日(木)午後1時30分~、TUY放送センターで開催 

対象番組

「テレビ歳時記スペシャル ~山形四季の風景~」
3月21日(木・祝)午後1時55分~3時19分 放送

番組審議会TOPへ

第291回