アナウンサーBlog Channel6

Channel6

過程を考える

投稿日:2012年12月20日  作成者:結城 晃一郎

今回は「過程を考える」というハナシ。

皆さんが小学生の時の算数の授業。どんな内容でしたか?僕が思いだすに・・・式が出されて答えを求める、というやり方。数式と文章題の違いはあれど、出された問題を解くというベクトルだったように思います。

このたび息子の授業参観に行ってきまして。授業を見ていて「へぇー」と思うことがあったんです。それこそが算数の「過程を考える」という内容でした。

ちなみにこんな風です。こちらをご覧ください。

これ、黒い丸はいくつありますか?答えは18ですね。

ではここからが問題。どんな風に18という答えを出すかを掛け算を使って考えましょう!!

ね?面白いでしょう?こんな授業をしてたんですよ?。

で、子どもたちは過程を考えます。ある子はこんなやり方でした。

2のまとまりが9つあると考えます。そこから 2×9 という数式を導き出し、答えは18となります。

 

とある子はこんなやり方でした。

これはもうお分かりですね。 3×6 で18です。

 

別の子はこうでした。

6×3 で18です。うーん、実に面白い!!(笑)

 

そして、このブログをご覧の大人のみなさん。こんな方法には気づきましたか?

出っ張っている部分の丸を移動させ、ならしてしまいます。その後 6×3 で18ですね!

 

いや?面白い。本当に面白い。答えは一緒でも考え方は千差万別。もちろんこの他にもいくらでも方法はあります。ちなみに僕の息子はまったく違うやり方でした(笑)

実はこの「途中過程を考える」って、僕が仕事上もっとも大事にしているポイントだったりするんです!ひとつの物を撮影したり描写したりするとしても、見方や立場が変わることを想像するだけでだいぶ成果(僕の場合コメントだったり)が変わってくるからです。

ですから、今回の授業はとても興味深く拝見しました。いつからこういう教育方針に転換したのか?その辺りは定かではありませんが・・・とてもいい勉強の仕方だと思いました。

今の子どもたちが社会に出るころ、固い思考の我々はまったく出る幕がなくなるのでしょうね。頼もしいことです

それにしても・・・まっさらな子どもたちに物事を叩き込む先生たち。御苦労様です(^^;

 

浅草散歩 Final

投稿日:  作成者:結城 晃一郎

僕の東京のお母さん的存在、声優・鈴木れい子さん。先日東京に行った際、れい子さんと浅草を散歩してきました。その様子、ファイナルです(笑)

浅草を色々と歩き、見て・・・最後に連れて行ってくれたのは甘味処でした。名前は「」。

「芝居をした後、仲間たちとよく立ち寄ったのよ?。で、ここのマメカンを食べるの」れい子さんはにっこり笑いながらそう言うと、店内へ。

テーブルに着きお冷をもらうとメニューもろくに見ずに「マメカンね」とオーダーするれい子さん。相変わらず常連って雰囲気がかっこいい(笑)

出てきました!これがマメカン!正式には『豆かん』です。煮豆と寒天、そこに黒蜜をかけて食べるというシンプルなものです。

言われるがままに黒蜜をかけ、かき混ぜる僕。こんな感じになるっす。

パクっとひと口。煮豆は若干塩気が感じられ、ほどよい硬さが残っています。対して寒天はツルっとした感触が心地いい。黒蜜のねっとりとした甘さがすべてを一つにまとめてくれています。

なんというか・・・派手さはないです。が、体にやさしく入ってくる感じがとても好きな味です。

「おいしいでしょ」とれい子さん。「これを食べると、青春を思い出す感じがするのよぉ」とも言います。なんか・・・れい子さんが芝居仲間たちとこの豆かんを食べながらワイワイ盛り上がっている雰囲気が目に見えるようで。。。僕もとってもうれしくなったのでした。

 

この「」は他にもユニークなものがあって。それはコレ。

塩むすび味噌田楽です。シンプルでしょ??実はこの日も、常連らしき人が塩むすびをガツガツ食べてました。こんな風景もまたナイスです(^^)

 

あ、そうそう。れい子さんは最後にお土産もくれました。豆かんのお土産版です。「お土産はあそこがいいのよ」とまた別の店へ。

豆、かんてん、黒蜜がセットになってて便利でおいしい。おかげで嫁さんにも豆かんを食べさせられました。ごちそうさまでした。

 

れい子さんとはなかなか会えないけど、会うたびに発見がある方。この仕事を勧めてくれた僕の恩人、鈴木れい子さん。いつまでも元気でお芝居をしてください!

最後にツーショット。浅草にて。?あ、スカイツリーがきれいに入ってますね(笑)

がんばれ!山形中央!

投稿日:2012年12月15日  作成者:結城 晃一郎

今回は個人的な応援ブログです。

12月の下旬から1月上旬までのお楽しみと言えば・・・全国高校ラグビー。僕の母校である山形中央高校ラグビー部は、今年も高校ラガーマン憧れの花園へ行きます。

高校2年生と3年生の時、僕も花園に行きました。毎日仲間たちと楕円球を追いかけ、泥だらけ、汗まみれになり・・・打ち身や捻挫など怪我に入らん!ってな環境で3年間を過ごしました。

おかげで、社会に出て多少のつらいことがあっても「あの頃の練習に比べれば」と思えば、どうということはないから不思議です(苦笑)

そんなころ花園で買ったキーホルダー。未だに持ってるんですよ(笑)

スポーツ不遇の景況の中、かつて放送していた高校ラグビー県大会の様子をTUYでも休止している状態です。でも、見ている人を熱くさせるというスポーツの魅力は普遍で色褪せません。個人的には絶対にもう一度放送を復活させたいと願っています。

さぁ、今年は花園でどんなドラマが生まれるのか。そして我が母校・山形中央高校ラグビー部の活躍は?

ここのところ存在感を示せずにいる山形中央。ぜひ僕らからの悲願である「花園で年越しを」を実現してほしいと思います!がんばれ!

唐突ですが・・・山形中央の昇降口そばに掲げられているボードをご覧にいれましょう。

そう。スピードスケート男子500メートル元世界記録保持者加藤条治選手も山形中央高校出身なのです。いつかは加藤選手を超える選手が、きっと出てきてくれることでしょう!!

楽しみです!?

最後に・・・ご縁があって一緒に仕事をしているO城さん。山形中央の先輩です(笑)

僕らOB、がんばるべ!!

Copyright© 2000- , TV-U YAMAGATA INC. All Rights Reserved.☆

Copyright© 2000- 2015, TV-U YAMAGATA INC. All Rights Reserved.☆