新鮮で、斬新で。

投稿日:2017年2月16日  作成者:結城 晃一郎

新鮮で、斬新で。そんなアイデアが見られます。

今は卒展の時期ですね。先日は芸工大の卒展に取材に行き、色んなアイデアの種やチャレンジの証を見せていただきました。とっても感動し、勉強にもなりました。

今回ご紹介するのは、山形市の山形美術館で開催中の『山形デザイン専門学校 卒展』です。41人の学生たちの作品、およそ150点が展示されています。

sotu1

これは、『めくるCD』と題したCDケース。手にとってみると和紙などを使った優しい手触り。からくり絵本のようにめくると中に歌詞などが書いてあるという、楽しいケースです。

作者曰く、「音楽のダウンロード販売だけではアーティストが活動できなくなってきていると聞いた。もう一度、CDを手に取る喜びを感じてほしくて考えた」とのこと。

確かに今の音楽業界は厳しい状況にあります。音楽の定額配信サービスなどは利用者には便利ですが、アーティストの収入にはつながりづらいと聞きます。僕個人としても、アーティストへのリスペクトにも欠ける印象があります。音楽が好きだからこそ、業界の将来を考えた真剣なアイデア。感心しました。

そして・・・こちらは。

sotu2

「こけし」です。『インテリアとしても使える こけしの調味料入れ』です。

作者は実家がこけしの工房だという女性。「こけしの世界に新しい風を吹かせられるようにしたい」という思いが生んだ、新しいこけしのスタイルです。

伝統的な「置物」としてのこけしに実用性を持たせることで、これまでにないこけしの可能性を追求しています。こけし工房である実家の様子、こけし職人の現状をずっと見てきたからこそ、彼女は今後のことを真剣に考えているのです。

その他にも素敵なアイデアがいっぱい。若い感性、今の社会システムに一石を投じるような考え方に触れれば、大人の僕らも十分に勉強になる空間です。

山形デザイン専門学校の卒展は、19日の日曜日まで山形美術館で開催中です。(入場無料)

 

 

雪ですね!

投稿日:2017年2月3日  作成者:結城 晃一郎

雪ですね!

結城です!(^^;

寒いですね、そうですね、冬ですもんね。。。(^^;

さて。雪です。またたくさん降りました。

だから・・・スキー!!!

IMG_2147

先日、有たんと会いそびれた「蔵王ライザ」。蔵王には世界に誇るスキー場がたくさん。蔵王温泉スキー場も大好きだけど、ライザ(写真)も、雪質・ゲレンデともにとってもいい。おすすめです。

 

さらに、只今「やまがた雪フェスティバル」開催中!

IMG_2270

寒河江市の最上川ふるさと総合公園で開催中の「雪を楽しんじゃおう」というイベント。雪像、チューブ滑りなど雪で遊ぶ広場・スノーランドがあるほか、夜になると5万球のLED電球で彩られる「シャイニングリバー」など催しがたくさん!

2月5日・日曜日の午後4時までの開催です!足を運んでみては?

頑張って、寒い冬を乗り切りましょう(^^)

結城晃一郎

 

御守護判定人と七人の守護霊

投稿日:2017年1月25日  作成者:結城 晃一郎

3月5日、超おすすめの舞台があります!

『御守護判定人と七人の守護霊』  作・演出 はらただし

僕らの業界では知らない人などいない、超名プランナー・クリエイターである はらただし 氏が手掛ける完全オリジナルのお芝居です。

公式Facebook ⇒ https://www.facebook.com/goshugohantei

IMG_2179

実は、以前上演されたお芝居の再演。なので、観たよ!という方もいるのでは? このお芝居、とにかくストーリーが面白い!重厚で軽くて、、、そしてクスっと笑えてほろっと泣ける。。。とにかく幾重にも技と罠が張り巡らされたお芝居なのです!!(笑)

出演は山形県を中心に活躍するフリーアナウンサーやパーソナリティーのみなさん、そして県内の劇団で活躍中のみなさん。 以前とはキャストが少し変わっていることもあり、また違った味が出てきそう!

実は・・・先日はら氏にお声掛けいただき、矢野アナウンサーと一緒にお芝居の稽古を拝見しました。

いやぁ、興奮しました(^^)

はら氏のこだわりの脚本上で、演者の挑戦が繰り返されます。表情だったり抑揚だったり間だったり・・・脚本に負けないように演者がトライすれば、「まだまだ!」と言わんばかりに脚本が逆襲する。。。9人の演者がほぼ出ずっぱりなので、セリフも多いし刺さるタイミングも難しい。。。本当に見ごたえがありました。

僕も矢野っちもお芝居経験者なので、本当に萌えましたよ~(笑) 稽古では荒削りだった各キャラが、どう演出されていくのか本当に楽しみです。

お芝居を興行として実施するのはとても大変。でも儲からないからやらない、やれないのでは芸術が廃れるし寂しすぎる。

この日、はら氏は「こういうお芝居をする人すべてのために、成功させたい」と話しました。ぜひみなさんも会場に足を運んでご覧いただき、お芝居の素晴らしさを感じてください!!

そして県内で活躍しているフリーアナ、役者さんたちの質の高さ、すばらしさも知ってください。

『御守護判定人と七人の守護霊』は、3月5日(日) 南陽市文化会館で 午後2時からと午後6時からの2回公演!!です(^^)

IMG_2180