T-BOLANとの「再会」 ♯2

投稿日:2017年9月23日  作成者:結城 晃一郎

前回の続き!

仙台ギグスで行われたT-BOLANの復活ライヴ。急きょ告知された追加公演にもかかわらず、会場にはおよそ1000人の方が詰めかけました。

年齢層は・・・分かりきったことですが、高い! いずれも青春時代をT-BOLANの音楽と過ごした人たち。そりゃそーだ(笑) でも今回は、T-BOLAN初となるアコースティックライヴツアー。ジャンジャン楽器を鳴らすライヴもいいけど、再会を楽しむ大人なライヴとしゃれこんだ訳です。

白い布が張り巡らされた落ち着いたステージ。柔らかい照明とカーテンがひかれた部屋のようなどこかゆったりとした空気が漂う中、メンバーが姿を現しました。

歓声ではなく、拍手で迎えるオーディエンス。応えるように笑顔の嵐士さん、ドラムの青木さん、ギターの五味さん。サポートメンバーも次々と登場。

それぞれが定位置につくと、嵐士さんがステージ中央から周囲に軽く目配せ。僕らが息を呑んだ次の瞬間、ピアノが優しい旋律を放ちはじめ、嵐士さんが歌う。

『じょうだんで生きてんじゃねぇ 心から 涙流せ・・・』

一曲目は「HOW DO YOU FEEL?」 のっけからゲキアツの魂の叫びを、しっとりと歌い上げる嵐士さん。続くようにドラム、ギターが重なる。

T-BOLANとしての復活の一曲目がこれか・・・。音楽と向き合い、ファンと向き合い、自己と向き合い・・・。そんな生き方が真剣だったことを強烈に伝えるオープニング。

僕はゆっくりと体を動かしながら、ステージ上のやわらかい光の中で歌う嵐士さんを見ていました。オーディエンスはもちろん、ギターの五味さんとも視線を合わせ時折ほほえむ嵐士さん。なんだろう。空間全部をいつくしむように、楽しむように歌うその姿から、誰もが目を離せない。そんな時間が続きました。

・・・その後はヒット曲が続きます。あの僕が大好きな曲も披露してくれました!!その様子は・・・

また後日!!(^^)

結城晃一郎

 

T-BOLANとの「再会」 ♯1

投稿日:2017年9月19日  作成者:結城 晃一郎

T-BOLANとの「再会」。行ってきました9月17日、仙台で行われたライヴに!!

『T-BOLAN』はかつての人気バンド。91年にデビューし、実質たった4年間の活動にもかかわらずCDセールスは1700万枚以上!サビを聴けば「あぁ、知ってる」という曲がわんさかあるという伝説のバンドである!!

色んな理由があっての活動休止などを経て、実は今年活動を再開。仙台にはなんと22年ぶりにやってきたのだ。僕は高校時代にT-BOLANのかっけーバラードを聴き、カラオケでは唄いまくっていた。だから行ってきましたよ!22年ぶりの仙台でのLIVE HEAVEN!(T-BOLANのライヴの名前ね)

IMG_4164

再会の場所は「仙台ギグス」。急きょ決まったツアーの追加公演。よくぞ仙台に来てくれました!!ありがとう!!周辺の駐車場には東北各県の車が。みんな東北に久しぶりにやってきたT-BOLANに会いたくて足を運んだんだね。もちろん山形ナンバーの車もいっぱい。庄内ナンバーの車もありましたよ!

僕が高校時代に聴いていたT-BOLAN。実は社会人になってから、ご縁があってボーカルの森友嵐士さんと知り合いました。嵐士さん、僕が「仙台ライヴに行きます!」と伝えると、「楽屋に遊びに来て」と言ってくれたんです。ならば!!と開演前の楽屋に遊びに行っちゃいました(笑)

嵐士さんとは何度もお会いし話をしてはいても、ライヴ直前の空気は未体験。独特の緊張感がバックヤードに漂っています。スタッフがあわただしく行き来する部屋の一角で待っていると、目の前にギタリストの五味さん!ドラマーの青木さんが!!軽く挨拶をしつつ、さらに嵐士さんを待ちます・・・。

すると、「お待たせ!」と嵐士さん登場。メイクを済ませ、髪型もばっちり決まってる。仙台に集まったファンとの再会を控え、目がキラキラ輝いている。「今日はありがとう!楽しんでいってください!」嵐士さんが言う。「もちろんです、とっても楽しみにしてました!今日はがんばってください!」と僕。その後は少しばかりプライベートな話もして・・・せっかくなので記念撮影。

IMG_4195

うん、同じ生き物とは思えないけど、まぁいぃでしょう!!(爆)

そうしてはじまったT-BOLANとの再会ライヴ!久しぶりのライヴでT-BOLANが僕たちに見せてくれたものとは・・・!?

続く!!(笑)

結城晃一郎

 

ミーン!ミーン!

投稿日:2017年9月18日  作成者:結城 晃一郎

ミーン!ミーン!

この音と言えば、そう、セミです。季節はすっかり秋。セミの声はまったく聞かれなくなりました。あのけたたましい音が、夏が、ちょっとだけ懐かしくなりますね。。。

さて、そんなセミについて。「セミってどれぐらい生きる?」と尋ねると、ほとんどの人が「たった1~2週間」と言います。

そしてたいがい「幼虫の頃は7年間地中で過ごす」とも。「7年間なんて長い間地中にいて、ようやく成虫になったと思えばすぐに死んじゃう。かわいそう」と続きます。

僕もずっとそう思っていました。というより、そう聞かされてきたからそういうモンだと思っていたんですよね。

でも、大人になってからは少し違います。セミって、僕の中では「長寿な虫」というイメージに変わっています。それはなぜか。

虫に詳しい方曰く、どうやらセミって謎の多い生き物みたいです。考えてみれば、幼虫時代に7年も地中で過ごすって・・・一体誰が調べられます??研究例がないわけではないようなのですが、しっかり調べたわけでもない。つまり、7年間地中で過ごすかどうかも分からん生き物なのです。(種類によってバラつきがあり、今は『数年地中で過ごす』というなんとも曖昧な解釈になっているようで・・・^^;)

成虫にしてもそう。一般的には1~2週間の命といわれていますが、とある研究では1カ月も生きたという例があるらしく。となると、カブトムシやトンボのような他の虫とも大差なく生きるとも言えますよね。

さて、ここで「幼虫」と「成虫」という概念を合わせて考えてみます。

通常昆虫の寿命というと、成虫の寿命を指す場合が多いです。ですからセミは短命というイメージな訳ですが・・・

ところがどっこい、前述したとおり幼虫期にセミは数年も地中ですごします。

では子どもたちに大人気、カブトムシの寿命は・・・幼虫期を合わせても1年程度です。

トンボも一部の種を除いては幼虫(ヤゴ)の時と成虫期を合わせても寿命は1年もありません。

こう考えるとセミってすごく長寿だと思いません??だって、幼虫期と成虫期を合わせて数年間も生きるんですよ?もう、とんでもなく長生きですよ、他の虫たちもうらやむほどに。

あくまでもセミの成虫期は繁殖のための最終形態。地中じゃお相手を見つけるのは困難だから、最後は羽根をはやして飛んでいっちゃおうなんて、恋をする意欲がマジハンパない!生き物のパワフルさを感じるじゃないですか!(笑)

だから僕にとってセミは短命というイメージはありません。あの「ミーン!ミーン!」という鳴き声は彼らの生きてきた集大成の声だと思ってワクワクしながら聴いています。

また夏が待ち遠しい。

あ、でもね。幼虫期に数年も地中ですごすとなると、孤独じゃないのかな~と心配にはなります(笑)

みなさん、セミのイメージ、変わりました?

結城晃一郎